MacのVMWare Fusionに、Windows8を新規インストールする手順

Vmware install 9

確定申告でやよいの青色申告を使うために、ブートキャンプ(BootCamp)でMacにWindows8をインストールした私。

その後以下の記事を見て、

ブートキャンプからVMWareを使ってWindowsを起動させることに成功したものの、このやり方だとWindowsのライセンスが2つ必要なことが判明。

というわけで、面倒ですが一旦ブートキャンプのWindowsは削除し、VMWare Fusion上に再インストールすることにしました。

今回はVMWareをインストール後、そこにWindows8を新規インストールする手順をご紹介します!


VMWareをインストールしたら、起動するウィンドウ(仮想マシンのライブラリ)から「新規」を選択。

Vmware install 1

すると、新規仮想マシン アシスタントが立ち上がります。

Vmware install 2

準備しておいたWindows8のインストールディスクをセットしましょう。

私の場合はMacBook Airにインストールしたので、DVDディスクドライブが必要でした。
使用したのは以下のBUFFALOの製品。

Windows8のディスクをセットしたら、インストールを始めましょう。

Vmware install 3

次の画面で、アカウント名やログインパスワード、Windows8のケースに印字されているプロダクトキーを入力。

Vmware install 4

Mac OSとWindowsでファイルを共有する場合は「よりシームレス」、別々にしたい場合は「より分離」を選択。

Vmware install 5

以上で設定は完了です!

Vmware install 6

早速インストールが開始されました。

Vmware install 7

しばし待つ。

Vmware install 8

たったこれだけで、Mac上のVMWare内でWindows8を起動できました。めっちゃ簡単!

Vmware install 9

MacとWindowsを同時に動かしているわけなので若干動作は遅いですが、十分実用に耐えうるレベル。

Mac使いだけどWindows専用ソフトを使わざるを得ない場合など、再起動せずにその場ですぐ起動できるVMWareは便利。

ExcelなどのMicrosoft Officeソフトも、ムリにMac用を使うよりもWindows上で使う方がいいかもしれませんね。

Macメインで両刀使いの方は、お試しください!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。