2013年3月31日
ジョジョ製品

Jojoveller title

どうも。ブログ名をジョジョのセリフから拝借している@ushigyuです。

連載25周年の節目を迎え、アニメ放送や各種タイアップ、ゲームや関連商品の発売が相次いでいる「ジョジョの奇妙な冒険」。
(ファンにとってはまさに嬉しい悲鳴といったところでしょうか。。。)

今回紹介するのは、そういったファン垂涎のアイテムの決定版ともいえる「JOJOVELLER(ジョジョベラー)」というものです。

画集、全スタンド解説本、荒木飛呂彦先生と初代担当の対談やジョジョ制作秘話などが書かれた本がセットになっています。加えて、仕事場でのジョジョメイキング映像&ジョジョ展の様子が収録されたブルーレイディスクが入った豪華限定BOXはなんと2万円。け、けっこうなお値段ですね。。。

予約は2013/3/19〜5/7までで、完全受注生産とのこと。
(BOXとブルーレイがない通常版は8,500円で、予約等はなし)

「『限定版』を買わせるなーーーッ」
「いいや!限界だ 買うね!」

JOJOVELLER 画集

第6部〜第8部を中心に300点以上の作品を収録。ジョジョ展で発表された”ジョジョ日本八景”、”フィレンツェ展キーヴィジュアル”も完全収録され、まさに荒木ワールドが爆発している。さらに過去の傑作イラストを荒木自らが解説。知られざるエピソードにも震えるフルカラー208ページ。
JOJOVELLER 〈ジョジョベラー〉 – JOJOVELLER 画集より)

基本的にはマンガなのでモノクロな「ジョジョ」ですが、フルカラーになるとまた違った迫力と魅力がありますね。

絵によって各キャラへの色使いが違うんですが、それぞれマッチしているのが不思議。

例えば公式ページ(上記引用のリンク先)に東方定助や広瀬康穂、ジャイロ・ツェペリが違った色合いで登場していますが、いずれもカッコイイ。

STAND BOOK

ジョジョの全スタンド、および「JOJO A-GO! GO!」には収録されなかったスタンド使いを完全網羅。オラオラオラ!と掲載されたその数120体以上。A5判全320ページ(予定)は、まさにスタンド事典の決定版といえるだろう。
JOJOVELLER 〈ジョジョベラー〉 – STAND BOOKより)

320ページて…なんというボリューム!
ですが全スタンドを網羅しているのならばそのくらいになるのでしょう。

スタンドの能力や特徴、デザイン、能力値に加え、全スタンドに荒木先生自身による解説がつくという豪華さ。

HISTORY BOOK

荒木飛呂彦と初代担当編集の3時間に及ぶ対談を完全掲載。さらに著者本人、歴代担当編集、関係者へのインタビューで25年の”ジョジョ史”が徹底的に解体される。A5判160ページ(予定)の読み応え満点のヒストリー本。
JOJOVELLER 〈ジョジョベラー〉- HISTORY BOOKより)

荒木先生と担当者との、ジョジョの歴史を振り返る対談。

読んでみなければどんな内容が書いてあるかはわかりませんが、どんな歴史を経て今のジョジョがあるのか、興味深い。

『刺激される… 好奇心がツンツン刺激される…』

DOCUMENTARY FILM(限定版のみ)

【完全限定版】にはBlu-Rayが2枚つく。「DISC1」には2012年ジョジョ展東京会場の模様を収録。10万人が酔いしれた濃密なジョジョ空間が蘇る。そして「DISC2」にはジョジョベラーのために描き下ろした新作イラストの製作現場密着映像を収録。荒木飛呂彦の作画のノウハウが世界初公開される。
JOJOVELLER 〈ジョジョベラー〉- DOCUMENTARY FILM OF JOJOS’ 特典

限定版のみに付いているのが、豪華BOXとこのDOCUMENTARY FILM。

私を含むジョジョ展に行けなかった人にはとても興味を惹かれる、DISC1。

さらにDISC2には荒木先生がイラストを製作する仕事現場の映像が。
私は特に絵を描いているわけではないですが、「荒木飛呂彦の作画のノウハウ」が公開されるとのことで、これはファンならずとも見てみたいに違いないッ!

あとがき

『後悔はない… 今までの旅に… これから引き落とされる金額に… ぼくは後悔はない…』

というわけで、またまた買わせていただきましたァン!

限定生産ということなので、予約する方はお早めに。

⇒もっと 「ジョジョ製品」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック