2013年2月6日
バッテリー

Charge battery to battery 2

スマートフォンやモバイルルーターを長時間持ち歩く人にとって、電源の確保はとても重要な問題。

このブログでも、何度か携帯用のバッテリー(充電池)を紹介してきました。

こういったバッテリーは、iPhone・Androidなどのスマートフォン、タブレットPC、その他のモバイル機器を充電するのが普通。私もそう思っていました。

ですがよく考えてみると、「バッテリーからバッテリー」へ充電もできるはずなんですよね。

では、「それ本当にできるのか?」「できるとして何に使えるのか?」を今回はやってみた・考えてみた結果を書いてみました。

バッテリーからバッテリーへの充電は、問題なくできる!

準備いたしましたのは、以下2つの携帯用バッテリー。

左側が「cheero Power Grip(5,200mAh)」、右側が「cheero Power Plus(10,000mAh)」です。
(両方ともcheeroになってしまいましたが、深い意味はありませんw)

Charge battery to battery 1

Power PlusのUSB出力側と、Power GripのmicroUSB入力をつなげば、問題なく充電できました!

Charge battery to battery 2


(意味があるかどうかは別として)3台数珠つなぎ充電なんていう技も可能。

Charge battery to battery 3

1台をベースに、2台を充電することももちろんできます。

Charge battery to battery 4

どういうシーンで使えるのか?

「どんだけ充電したいねん!」という話ですが、あながちただのネタというだけではありません。

例えば、車で旅行にでかけるようなとき。
車を駐車場に停めて、お店に入ったり観光地を少し回ったりということがあると思います。

荷物を置いて出たいけど、スマートフォンの充電が不足している場合には充電池も持っていきたい。持って行くなら例えばcheero Power Gripのような軽いものがいい。

ですがそのPower Gripも、充電が不足している場合があるかもしれない。

そんなときに、移動中により大容量のバッテリーから充電しておけば、準備は万端です。
大容量バッテリーを親機、コンパクトなバッテリーを子機として使うようなイメージですね。

あとがき

あまり「バッテリーからバッテリー」の充電が必要な状況というのは少ないかもしれませんが、まあこんなこともできるよということで。

他にも面白い使い方や「こんな状況で使えるよ!」的なものがあればぜひ教えてください!

コンパクト・軽量・デザインも良く、iPhone2回充電で1,000円台のバッテリー「cheero Power Grip」が気に入った!

iPhoneを4回以上充電可能なバッテリーが2,210円と激安!Androidも2台同時ももちろんOK。「Cheero Power Plus」

iPhone5を約5回充電できて格安!携帯バッテリー「Anker Astro3E」購入レポート

⇒もっと 「バッテリー」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック