2013年1月28日
生活の知恵

Influenza 2013 title
Influenza porcina en México / sarihuella

どうも。インフルエンザにかかってしまいました@ushigyuです。

ここ1年半〜2年ほど風邪すらひいたことがなかったのですが、今日病院に行ってみるとまさかのインフルエンザA型

症状も熱も大したことがなかったので、「あ、久々にちょっと風邪ひいたかな」くらいに思っていたのですが、お医者さんによると今年のインフルエンザは症状が軽い場合が多いそうです。

喉に違和感→微熱。ちょっとした風邪かと思ったら。。。

私がちょっと風邪気味なことを感じてから、インフルエンザA型と判明するまでの経緯を書いてみます。

▼3日前

起きたときちょっと喉に違和感を感じ、「あ、風邪ひいたかな?」と思う。

でも熱もだるさも、せきや鼻水も無かったので普通に過ごす。
(この間にもしかするとうつしてしまった人がいるかも。だとしたらゴメンナサイ。。。)

▼2日前

起きると少しだけ熱があるのを感じ、測ってみると37度台前半。
ちょっと喉も痛くなっていたが、休んでれば治るかと家でゆっくりする。

▼1日前

37度台前半の微熱が継続。喉の痛みは緩和されたが今度は鼻にきた。
鼻がむずむずしてくしゃみが出て腹筋が鍛えられる。意外と長引くなと思いつつこの日も家で過ごす。

▼本日

まだ微熱が収まらない。(だが、37度台後半以上には上がらない)
体にだるさもないし熱も低いのでまさかとは思うが、周りでインフル報告が相次いでいたのもあり、念のため病院へ。

→ 5〜6分かかると言われた検査の結果が30秒で出て、速攻インフルエンザA型と診断される


過去インフルエンザにかかったときは39度以上の高熱が出ていたので、今回は違うだろうと思っていたのですが、まさかの瞬殺で陽性反応でした・・・。

処方されたのはタミフルでなく「イナビル」という吸入型の薬

インフルエンザの薬といえばタミフルが有名ですが、私が処方されたのは「イナビル」という吸入型の薬でした。
(発症から48時間以上経ってたからかも)

イナビル吸入方法|インフルエンザの情報ならインフル・ニュース

効果がどう違うかとかはよくわかりませんが、説明書きによると

インフルエンザウイルスは「のど」や「気管支」で増殖します

吸入型のイナビルは、ウイルスが増殖する「のど」や「気管支」に直接届いて、ウイルスの増殖を抑えます

とのこと。

1日◯回とかではなく、処方箋を持ち込んだ薬局でその場で2本吸って終了、という今までにない処方のされ方でした。

薬も進歩しているんですねー。

あとがき

というわけで、「ちょっと風邪ひいたかな?」くらいの症状でも、今年流行りのインフルエンザA型かもしれません。

心当たりのある方は、家族や同僚、友人にウイルスをまき散らしてしまう前に念のため病院で診察を受けることをお勧めします!
もしインフルエンザだとわかった場合には「発症後5日、解熱後2日」は外出を控えるようにしてくださいね。

⇒もっと 「生活の知恵」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック