モダンでのどかな温泉街、大分県・湯布院の風景や街並みの写真

DSC02035

先日、全国的にも有名な温泉街の大分県・湯布院(由布市)に行ってきました。

温泉街というと昔ながらのお土産屋さんなどが立ち並び、浴衣姿の旅行客が下駄をはいて歩いているようなイメージを思い浮かべますが、湯布院はちょっと違ったモダンな雰囲気。

美術館・ギャラリーなどが多く、建物も昔ながらの日本家屋から、ちょっと洋風な(もしくは明治時代くらいの日本っぽい)テイストを取り入れたようなものまで様々。
女性に人気というのも納得です。

せっかくなので、撮ってきた写真をご紹介したいと思います。


博多駅からYOKARO号に乗って来たのは、道の駅ゆふいん。

DSC02008

由布院駅のある中心街までは歩いて45分ほどとけっこう距離があり、タクシーやバスなど交通手段を用意しておくのが無難。

私は歩くのがあまり苦ではないので、風景を眺めながらゆっくり歩いて向かうことにしました。


何度も見た看板。寒い冬の日には滑りやすくなるようです。
(”スベリ”というとトークの方を思い浮かべてしまいますが・・・)

DSC02013

田舎道をひたすら歩く。

DSC02017

鶏を飼っているお宅がありました。

DSC02019

まっすぐな線路。

DSC02023

以下の写真のような急角度の屋根の家をよく見かけたんですが、雪対策でしょうか?

DSC02024

途中にあった謎の石像。サッカーボール(?)とアン◯ンマン。
石材屋さんか何かの施設かと思いきや、個人のお宅だったので驚き。

DSC02027

由布院駅に到着しました。おしゃれな駅舎。

DSC02035

駅を出ると、真正面に由布岳がどかーんと見えます。

DSC02040

駅そばのお土産屋さんの前には、温泉らしきお湯が湧き出していました。

DSC02036

小さな美術館。

DSC02047

近くを流れる川。

DSC02049

これ、なんと銀行なんです。

DSC02053

都会では普通のスーパーが、むしろちょっと浮いている気さえする。

DSC02044

観光客の車はダメらしい。地元の方専用。

DSC02045

売温泉源。温泉地ならではですね。

DSC02054

ここは、写真ギャラリーなのかからあげ屋さんなのか結局わからなかった。
(たぶん両方)

DSC02056

都会は便利ですが、たまにこういうところに来るのもいいですねー。

DSC02063

謎の建造物。

DSC02100

Google Mapsに従って歩いてたら、舗装されていないこんな道も通りました。

DSC02101

ここは…何だったかな?横のベンチでおばあちゃん同士が世間話をしてました。

DSC02102

金鱗湖。湖面と建物と山。きれいです。

DSC02106

なぜか韓国からの観光客がたくさんいました。

DSC02108

途中寄った温泉。客が私だけだったので撮ってみた。

DSC02120

こちらはまた別の場所。
地元の方専用の温泉らしい。

DSC02123

年季の入ったとびだし坊や。

DSC02125

宿やギャラリーがたくさんあるので、案内板も大変。
(その全部が右に1kmて。。。)

DSC02127

葉っぱとどんぐりマークの「森の歯医者さん」。

DSC02128

玄関先に薪が置いてある家。
暖炉に使うんでしょうか。

DSC02130

以上、湯布院の写真を並べてみました。

とても良いところなので、ゆっくりしたい時にぜひ一度訪れてみてください!

家族でも一人でも、部屋食と内湯でゆっくりできる宿「楓の小舎」in 大分・湯布院
日本一高く長い歩行者用吊り橋「九重”夢”大吊橋」in 大分・九重町
[グルメ]1杯で3つの味を楽しめる、ひつまぶしの牛肉版!「由布まぶし 心」in 大分・由布院

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。