2012年12月29日
東京、関東グルメ

Obana unagi 10

どうも。各地の美味しいものを食べ歩くブロガー@ushigyuです。

先日の東京遠征にて、私が宿泊していたのは南千住という場所。

あしたのジョーの舞台「泪橋」があり、ドヤ街としても知られているところなのですが、ここに都内でも屈指のうなぎの名店「尾花」があるらしいということでお昼に鰻重を食べに行ってきました。

「尾花」の場所は、南千住駅から線路沿いに5分ほど歩いたところ。
格安の宿泊施設が並ぶ通りを歩きながら「本当にこの辺かな?」と思っていたのですが、突然この門構えが見えてきました。

お寺か昔の名家のような佇まい。奥にはのれんが見えます。

Obana unagi 1

中庭には小さな鳥居と神社までありました。

Obana unagi 2

めっちゃ格式高そう・・・入って大丈夫だろうか。

Obana unagi 3

勇気を出してのれんをくぐってみる。

Obana unagi 4

中は広い座敷になっていました。愛想のよい店員さんが迎えてくれて一安心。
羽子板が飾られていたり、神棚があったりといい感じの和の雰囲気。

Obana unagi 5

Obana unagi 6

メニュー。
@ttachiさんの記事によると鰻の不漁が原因なのか以前より値上がりしているらしい。

Obana unagi 7

Obana unagi 8

どれもなかなかのお値段ですが、もちろん「あなた・・・『覚悟して来てる人』・・・ですよね。」
それほどお腹は空いていなかったのと次の予定もあったので、鰻重の小と肝吸い(それでも計4,900円)を注文。

ここからの待ち時間がけっこう長く、40分ほど。
お客さんはけっこう入っていたものの並ぶほどではなかったのですが、やはり注文を受けてから1つ1つ焼いているからこそなのでしょう。

きっと美味しい鰻が食べられるはず、とじっくり待つ。


そして、ついに来ました!!

鰻重と肝吸い。高級感あふれる器に入っております。

Obana unagi 9

蓋を開けると、お重いっぱいに敷かれたうなぎが!焼き色もいい感じ。

Obana unagi 10

肝吸いもダシのいい香りがしてます。

Obana unagi 11

うなぎはふっくらとしていて柔らかく、口の中でとろける。美味いっ!!

タレはしっかり利いているのですが、安い鰻重のタレにあるように自己主張し過ぎずうなぎといい感じにマッチしています。

いやー、(それほど多くないにせよ)今まで食べたうなぎの中でもベストかもしれないほどの美味しさでした。さすが名店と言われるだけはあった!

お重の蓋には尾花のマーク。ごちそうさまでした!

Obana unagi 12

そうしょっちゅう来れる値段ではありませんが、スーパーやチェーン店の中途半端なぜいたくで鰻を食べるくらいなら、こういった名店で極上の鰻を味わうのもたまには良いのではないでしょうか。

関連ランキング:うなぎ | 南千住駅三ノ輪橋駅三ノ輪駅

[グルメ]一流の味を、手頃な値段で。予約の取れない店「賛否両論」 in 東京・恵比寿

[グルメ]贅沢なひつまぶしを、3種の食べ方で。「あつた蓬莱軒」in 名古屋・熱田神宮前

[グルメ]脂がのった激ウマの焼肉を喰らう!「焼肉ジャンボ」 in 東京・本郷

⇒もっと 「東京、関東グルメ」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック