2012年12月11日
ScanSnap(スキャナー)

Scansnap ix500 s1500 comparison 3

先月(2012/11/30)発売されたばかりの、ScanSnap iX500

スペックによる読み取り速度の違いは以前記事にした通りですが、実際のところ今までの定番S1500とどのくらい違うのかはやはりやってみないとわからない部分も。

自炊(本の電子化)の所要時間や効率はスキャンの所要時間によって変わるため、読み取り速度は最も重要な要素のひとつ。自炊ブロガーを標榜する当ブログとしては、がっつりと比較しておかなければなりません。

というわけで、福岡・大名の自炊スペースに設置していたScanSnap S1500を1日だけ持ち帰り、外観も含めて比較・検証してみました!

ScanSnap iX500とS1500を並べた画像

こちらがScanSnap S1500とiX500を並べたところ。左がS1500、右がiX500です。

iX500の方が若干大きいですが、ほとんど同じ。重さも変わりません。

Scansnap ix500 s1500 comparison 1

色はそれぞれシルバーと黒。

Scansnap ix500 s1500 comparison 2

S1500はパソコンにつながないと動かないため、自宅iMacにつないで起動。

iX500はパソコン無しでも動きモバイル機器に直接送信できるため、電源のみで起動してみました。

Scansnap ix500 s1500 comparison 3

読み取り速度の比較動画(名刺、マンガ)

まずは、名刺10枚を同時にスキャンしてみました。

次に、マンガを裁断して半分ずつ同時にスキャン。どのくらい差が出るのでしょうか?

iX500が途中途中止まっているのはモバイルに直接送信している(=パソコンにつないでいない)ため。実際はもっとスピードに差があります。


なお、どちらもパソコンにつないで同じ枚数・同じ条件でマンガ半分のスキャン時間を計測したところ、以下の通りとなりました。

・ScanSnap iX500:1:19:1
・ScanSnap S1500:1:46:8

公式な仕様ではiX500が「25枚/分」S1500が「20枚/分」となっています(iX500の方が25%早い)が、実際にマンガの場合で測ってみるとiX500の方が35%早いという結果になりました。

あとがき

以上、新製品のScanSnap iX500とS1500を比較してみました。

個人的には、現時点(2012/12/9)で約1万円ほどの価格差はあるものの、今から買うなら読み取り速度やOCR認識が早く、Wi-Fi連携も可能なiX500を買うかなという印象。

スキャナーの購入を検討している方は、上記の比較を参考に選んでみてください!

自炊まとめ記事は以下から。この記事を見れば全てわかるようになっています。

【保存版】本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

⇒もっと 「ScanSnap(スキャナー)」に関する記事をチェックする!

フォローして更新情報をチェック