自炊に適したカール裁断機DC-210Nブルーを購入!本の裁断手順&詳細レビュー

Carl dc210n blue 5

こんにちは。自炊(本の電子化)ブロガー@ushigyuです。

多数の本を自宅で自炊してきた私ですが、現在その設備(裁断機DC-210、スキャナーScanSnap S1500)は福岡・大名のギルドカフェコスタにある自炊スペースに設置されています。

福岡に「本の自炊スペース」がオープン!実技指導も受けられるかも…!?

本を電子化したくなったときはこの自炊スペースに持って行っていたわけですが、例えば今すぐiPadで読みたい本など、自宅でサクっと電子化したい場合も出てきました。

うーむ・・・と考えていたのですがScanSnapは新型iX500を手に入れるとして、裁断機はもう買ってしまうことにしました!

私はブルー好きなので、カール(Carl)裁断機DC-210Nのブルーを購入。
せっかくなので詳細な写真レビューと、使い方のおさらいも兼ねてご紹介します!


セルリアンブルーと蛍光イエローの外観が良い!

こちらが、注文したカール(Carl)の裁断機DC-210N-Bの外観。
あれ、ブルーにしたはずだけどパッケージの写真が普通の色。大丈夫かな・・・?

Carl dc210n blue 1

・・・と思ったのですが、ちゃんとCOLORがブルーになってました。

Carl dc210n blue 2

オープン!

Carl dc210n blue 3

おおっ、色合いがかっけえ!
裁断機にかっこ良さは不要かもですが、個人的には気に入りました。

内容物は、本体と簡単な説明書のみ。

Carl dc210n blue 4

袋から取り出してみる。うん、いいね。
ブルーとなっていますが、実際の色はセルリアンブルーといった感じ。

Carl dc210n blue 5

簡単な説明書も貼ってあります。

Carl dc210n blue 6

中には、普通の替刃、ミシン目替刃と替カッターマットまで入ってます。至れり尽くせり。

Carl dc210n blue 7

本の位置を固定するガイド。
裏側は磁石になっており、固定した場所でしっかりくっつきます。

Carl dc210n blue 8

実際に本を裁断してみた

裁断の手順は以下の記事でも詳しく解説していますが、せっかく届いたので改めてやってみました。

自炊に最適!Carl(カール)の裁断機DC-210Nを使った本の裁断手順

本を解体して細切れにしたら(やり方は上記記事参照)、DC-210Nにセットします。

その際、裁断する面の端がカッターマットの端と重なるくらいにすると、糊づけされた部分をきれいにカットできます。
しっかり押さえたらガイドを合わせておくと、本の残りを裁断するときに便利。

Carl dc210n blue 9

あとはスライド式の刃を往復させるだけ。簡単です。

Carl dc210n blue 10

あっという間にパラッと裁断できました。

Carl dc210n blue 11

小分けした残りの本も、同じ要領で。ガイドがあるので位置を合わせるのが簡単です。

Carl dc210n blue 12

うまくやれば、切りくずもほとんど出ません。

Carl dc210n blue 13

価格に加え、軽い、薄いのが家庭用には便利!

本体の価格や替刃、カッターマットの安さも、DC-210Nの大きな魅力のひとつ。

大型裁断機の替刃は1万円以上するものもありますが、DC-210Nの替刃は2枚入りで500円前後。文字通りケタ違いです。

さらにもうひとつの大きな魅力は、その軽さ・薄さと取り扱いやすさ。
片手で持って移動し、ちょっとした隙間に収納できます。
(大型裁断機だと10kgあるので、とてもこんな簡単に持ち運んだりできません。。。DC-210Nは2.6kg。)

Carl dc210n blue 14

小分けにするのが面倒で以下のような大きな裁断機を買う方もいるとは思いますが、価格の安さ、取り扱いやすさを考えるとやはり私はDC-210Nを推しますね。
そもそも、小分けにすること自体ちょっと慣れればさしたる手間ではなく、時間もかからないので。。。

もちろん、小分けが面倒で自炊する気がなくなるから高価で大きくてもだいたい一発で裁断できる方がいい、という方もいると思います。

そのあたりは各自のお好みで選んでみてください。

各裁断機の比較は、以下の記事も参考にどうぞ。

自炊(本の電子化)用の裁断機を選ぶ5つのポイントと、オススメの裁断機紹介
CARL(カール)の裁断機を、600冊自炊した私がオススメする理由

あとがき

良いものだとは十分知っていましたが、やはり便利ですねー。

これでScanSnapの新型も手に入れれば、自宅での本の自炊(電子化)が捗りそうです!

自炊まとめ記事は以下から。この記事を見れば全てわかるようになっています。

【保存版】本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。