電気掛け敷き毛布が予想以上に素晴らしかった!寒い冬にも暖かく、節電にもなる。

Electric blanket 5

どうも。暑さには弱いが、寒さにはまあまあ強いつもりの@ushigyuです。

とはいえ、11月中旬ともなると朝晩は10℃を切る日も出てきて肌寒く底冷えがするので、暖房を付けようか、厚着でなんとかしようかと迷うくらいになってきました。

ですが、暖房だと部屋全体を暖めるのに時間も電気代もかかるし、なんだかムダな気がする。

そんなとき、以下の記事で電気掛け敷き毛布がすすめられていたのを思い出しました。

これは良いかもしれない・・・と思い、とりあえず1,000円台の安い電気毛布を購入してみました。

結論から言うと、大正解!これから寒い冬のお供に欠かせないアイテムになりそうです。
暖房に比べ圧倒的に節電もできますし、超オススメです!


Amazonで1,000円台で購入&外観のレビュー

Amazonでいろいろ物色してみましたが違いがわからなかったので、とりあえず安くて評判の良いものをと私が購入したのは、以下の電気敷き毛布。(掛けでも使えます)
価格は1,700円ほどでした。

2013/12現在上記の商品は高額になっているため、以下の毛布だと同じサイズで価格が安くてコスパ高いかと思います。

注文して2日後には到着。こういうのって安く海外で作っているのかと思いきや、日本製でした。

Electric blanket 1

フタをオープン。本体と説明書が入っています。

Electric blanket 2

組成表示など。丸洗いできるのが嬉しいですね。
なお、クリーニングはできないようなので注意。あと小さい子供などは低温やけどにも注意が必要です。

Electric blanket 3

スイッチはこんな感じ。ダニ退治機能もあるんですね。

Electric blanket 4

広げてみました。サイズは140×80cm。一人が毛布として使うのにちょうど良いか、ちょっと小さいくらいの大きさ。

Electric blanket 5

中には毛布を暖めるためのコードが張り巡らされています。

Electric blanket 6

足元、下半身を暖めるのにグッド!

一応敷き毛布ということで、まずはソファの足元に敷いてみました。
これでもある程度は暖かいのですが、体と接する面が足裏だけなので、個人的には効果をやや感じにくい。

Electric blanket 7

次に、座ったときに足に掛けるようにしてみると、これが効果抜群!
140×80cmあるので足をまるごとくるむことができてとても暖かい。ちょっと肌寒い程度なら、暖房なしでも十分過ごせそうです。

足元に敷いたときは強でもぬるく感じましたが、この状態ならスイッチは弱〜中で十分でした。

Electric blanket 8

冷え性の方は、寝る前に布団を暖めたり、敷いたりくるまって寝たり、という使い方もありですね。

電気代もめっちゃ安い!

Amazonの説明書きによると、

電気代(1時間あたり):(強)約0.68円、(中)約0.40円、(弱)約0.07円

とのこと。

例えば「中」で1日3時間、1年のうち5ヶ月間使ったとしても、

 0.4(円)×3(時間)×30(日)×5(ヶ月)=180(円)

たったの180円!安すぎる!
暖房を付けずに節約した電気代で、この電気毛布の購入代金が十分賄えそうなくらいです。


料金の他にも暖房やストーブ等と比べた場合のメリットとして、

・すぐに暖まる
・部屋全体をムダに暖めたり、乾燥させることがない
・下半身だけを暖めることができるので、頭がぼーっとしなくて済む
・火を使わないので危険性が少ない
 (もちろん、念のため使わないときはOFFにしておきましょう)

といったメリットも。

あとがき

めっちゃ寒い真冬にはこれだけだと足りないかもしれませんが、ちょっと寒い、足元が冷たいというときはこの電気毛布を使うとそれだけで十二分に暖かく過ごせます。

これは本当にいい買い物でした。ぜひ試してみてください!
(追記:1年後、しばらく使ってみてやっぱりおすすめ!な記事を書きました)

なお、探してみると他にもたくさんの種類の電気毛布があります。
価格やデザイン、評判など見比べて選ぶといいですね。

下記の電気毛布も評判が良く1,000円台と安いようでした。

冬に見ておきたい以下の関連記事もあわせてどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら