RetinaのMacBook Pro13インチは「買い」か?AirやMBP15インチと比較して考えてみた

Comparison mbp13 air13 mbp15 title

2012/10/23に開催されたAppleの新製品発表について、いくつか記事を書いてきました。

[3分でわかる]iPad mini,Pro13インチ,新iMacなどApple新製品発表まとめ(2012秋)
iPad miniは「買い」なのか?Google Nexus7,iPadと徹底比較してみた!

次に取り上げるのは、MacBook Proの13インチモデル

廉価で小さく軽く、その分ディスプレイ等スペックの劣るMacBook Airと、スペックは高いがその分重く値も張るMacBook Pro15インチモデルとはそれぞれどう違うのでしょうか。

比較しながら見ていきましょう。


MBP15、MBP13、MBA13の比較表

MacBook Pro 15インチ
Retinaディスプレイ
MacBook Pro 13インチ
Retinaディスプレイ
MacBook Air 13インチ
価格 184,800円 144,800円 102,800円
ディスプレイ Retinaディスプレイ(2880×1800) Retinaディスプレイ(2560×1600) 1,440×900
CPU 2.3GHz クアッドコア
intel Corei7
2.5GHz デュアルコア
intel Corei5
1.8GHz デュアルコア
Intel Corei5
メモリ 8GB 1,600MHz 8GB 1,600MHz 4GB 1,600MHz
ストレージ 256GB
フラッシュストレージ
128GB
フラッシュストレージ
128GB
フラッシュストレージ
サイズ 1.8×24.71×35.89cm 1.9×21.9×31.4cm 1.7×22.7×32.5cm
重量 2.02kg 1.62kg 1.35kg
グラフィック Intel HD Graphics 4000
NVIDIA GeForce GT650M
1GB GDDR5メモリ
Intel HD Graphics 4000 Intel HD Graphics 4000
バッテリー 最大7時間 最大7時間 最大7時間



これからMacのノートパソコンを購入しようとしている人にとっては、いよいよ悩ましい選択肢になってきました。


Retinaディスプレイに1.62kg、薄さ1.9cmとかなり軽く薄くなったMacBook Pro13インチ。

それより若干重く大きく値段も高いが、スペックが高く画面が広いMBP15インチ。

解像度やスペックは劣るものの、軽く安価なMacBook Air13インチ。

いずれも一長一短で、求める性能によって購入の候補となるモデルは変わってくるでしょう。

結局、どんな人にどれがオススメなのか?

私のようにしょっちゅう持ち歩き、画像や動画処理をあまりしないユーザーにはやはり依然としてMacBook Airかなという気はします。
(私は既に購入しているので、その正当化でもありますが・・・笑)

ある程度お金に余裕のある人、デザインや画像・動画加工を生業にしている人であれば、やはりRetinaディスプレイのProを選びたいところではあります。

あとは持ち運びやすさとスペックの兼ね合い。13インチと15インチではCPUがそれぞれデュアルコア、クアッドコアという違いもあるので、並行してどのくらい作業をするかにもよってくるでしょう。

あとがき

正直言って、前回の発表でMacBook Pro13インチモデルが発表されていたらそちらを購入していたかもしれません^^;

特に写真や動画をいじる機会が少ない人であっても、Retinaディスプレイには一度慣れると戻れない魅力があります。

もちろん、現在使っているMacBook Air13インチもかなり満足度は高いので何とも言えませんが。。。

これから購入を検討している方は、上記の比較表を参考にじっくりと選んでみてください!

[3分でわかる]iPad mini,Pro13インチ,新iMacなどApple新製品発表まとめ(2012秋)
iPad miniは「買い」なのか?Google Nexus7,iPadと徹底比較してみた!
新型MacBook Airを買ってからしたことまとめ。データ移行・設定からバッグ選び、旧モデルの下取りまで。

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。