Kindle Fire、Paperwhiteがついに予約開始&ストアがオープン!Kindle3機種はどう違うのか比較してみた

Amazon kindle japan title

私のような自炊(本の電子化)する人、電子書籍業界にとっても待望の「Amazon Kindle」のFire、Paperwhiteが本日(2012/10/24)ついに予約を開始しました!
さらに、Kindleストアは2012/10/25にオープンするようです。

ついに”黒船”が日本上陸してきました。
iPad miniが発表されたばかりのこのタイミング、完全にぶつけてきましたね。。。

ラインナップは、Kindle Paperwhite(Wi-Fi版、3G+Wi-Fi版)、Kindle Fire、Kindle Fire HDの3機種4種類。

一体これらはどう違って、買うとすればどれを選べばよいのでしょうか。
比較してみていきましょう。


Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト)は、これまでのKindleの後継機種と考えていいでしょう。

ネットやゲーム、アプリ等は使えず、用途は「電子書籍を読む」のみ

その代わり、非常に読みやすく薄く軽い(約200g)。
さらに、電池の持ちが圧倒的なのも特長です。(ワイヤレスOFF時は何と8″週間”!)

日本版Kindleストアも10/25にオープンするとのことなので、一気に電子書籍が普及するのも夢ではないかもしれません。ユーザーにとっても嬉しいですね。


このPaperwhiteに、なんと無料の3G通信がついたのが「Kindle Paperwhite 3G」

通常版より4,500円高い(2012/10/24現在)その価格分で、その後の3G通信分を補っているということなのでしょうか。

それにしても月額無料というのは衝撃的ですね。。。
Kindleストアが普及すればするほど、こちらのモデルのアドバンテージが大きくなりそうです。もちろん、Wi-Fi接続も可能。

Paperwhiteの予約はすぐに可能。発売は2012/11/19からです。

Kindle Fire

Nexus7やiPad miniの対抗機種と目されるのが、このKindle Fire

7インチディスプレイという片手で持てる大きさ、 Kindleストアの本はもちろんインターネット、アプリ、ゲームなどが楽しめる、要するにタブレットPCです。
(Wi-Fi接続が必要なものもあるので注意)

パズドラやAngry Birdsといった人気ゲームもプレイできるらしい。
もちろんEメールやTwitter、Facebookアプリ等も揃っています。

それでいて、価格は現時点(2012/10/24)でiPad miniの半額以下、Nexus7と比べてもかなり安い。
※変動するのでAmazonサイトにて確認ください

恐ろしいもん出してきましたね、Amazonさん。。。

Kindle Fire HD

上述のKindle Fireの上位機種にあたるのが、Kindle Fire HD

できることは基本的にKindle Fireと同じですが、解像度・音質・バッテリー・CPUなど、ほとんどの面でFireよりも高い性能を備えています。

ライトに使う方はFire、ある程度よく持ち出して使う人はFire HDといったところでしょうか。

価格差は現時点(2012/10/24)で3,000円。これをどう捉えるかですね。

予約は今すぐに可能、発売日は2012/12/19となっています。

あとがき

上記機種のサイズや価格等の詳細な比較表については、Amazon Kindleの販売ページ(スクロールした下のほう)にありますので、そちらを参照ください。

来るぞ来るぞと言われてはや1年ほど、ついに来ましたね。

自炊ブロガーの私としても、これは手に入れざるを得ません。どの機種を買うか今から考えたいと思います。

Kindle Fire衝撃のコスパ!iPad mini、Nexus7とスペックを比較してみた

なお、以前Kindleで自炊(電子化)したPDF本を読む方法については記事にしています。以下を参照ください。

Kindleで自炊(電子化)した本(PDFファイル)を読む!その具体的手順
600冊以上の本を電子化した私が答える”自炊”Q&A「裁断・スキャンはどうやって?」「メリットは?」に答えます

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら