福岡の庶民のおやつ「ムツゴロウまんじゅう」中身はもちろんハムエッグ!

Mucchan manju 6

今回紹介するのは、福岡市を中心に、小腹が空いたときのおやつとしてよく食べられている「ムツゴロウまんじゅう」

ムツゴロウといっても、動物の王国をつくったあの人ではありません。あれはニックネーム。

創業者が私の出身地でもある長崎県出身で、「地元の自然をアピールしよう」と有明海に生息するムツゴロウをモチーフにしたお菓子を考案したらしいです。
(Wikipediaより)

パッと見たい焼きのようにも見えるので中身はあんこ?と思うかもしれませんが、最も人気のある定番の具はなんとハムエッグなのです。


福岡の中心部にある、ここがムツゴロウマンジュウのお店。

Mucchan manju 1

「コバラノミカタ」。ちょっとお腹が空いたときにちょうどいい。

Mucchan manju 2

ちょっと休憩できるスペースもあります。

Mucchan manju 3

メニューはこちら。
あんこもありますが、やっぱり定番は「ハムエッグ」

Mucchan manju 4

こんな感じで、持ちやすくすぐ食べられるような包装で渡してくれます。

Mucchan manju 5

開けてみると、ムツゴロウの形のまんじゅうが出てきました。

Mucchan manju 6

中身はハムエッグ!

Mucchan manju 7

熱でも変質しない特殊なマヨネーズが入っており、ハムと卵に絶妙に合います。美味い!

後は、卵がもっと半熟だと最高ですね。

歩きながらだと美味そうな写真がなかなか撮れなかったので、画像検索のリンクも載せておきます。

むっちゃん万十 – Google 検索

今回は「ムツゴロウマンジュウ」として紹介しましたが、同じムツゴロウの形で中身も同じ「むっちゃん万十」という商品もあります。
(大学生の頃は、そちらを良く食べてました)

調べてみると、元は同じ商品でそこから「むっちゃん万十」「ムツゴロウマンジュウ」の2系統に分かれたようです。

このむっちゃん焼き、実は2系統あります。

もともとは一緒に開発したみたいなんですが、途中から喧嘩(裁判)して、喜宣堂系がムツゴロウマンジュウ、むつごろう焼と言っているのに対して、玉乃屋系がむっちゃん万十と言う
鯛焼きみたいだけど鯛焼きじゃない「元祖ムツゴロウのむっちゃん万十」|初めてのB  MW(X5)!|ブログ|サカモ|みんカラ – 車・自動車SNS(ブログ・パーツ・整備・燃費)

どちらも、一番人気の具材はハムエッグ。
味もほぼ変わらないはずなので、近くにある方のお店に行けばよいかと思います。

福岡ならではのおやつとして、ちょっと小腹が空いたときにうってつけですよ!

やっぱりこの味!「うまかっちゃん」九州トップシェアのインスタント袋ラーメン!
九州定番のアイス「ブラックモンブラン」関東・関西の一部でも販売中らしい!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら