iPhone5に機種変更せずに新iPod touchを買い増す場合のメリット・デメリット

Choice of buying new ipod touch title

iPhone4Sから5に機種変更するか考え中に、ふと浮かんだこと。

「4Sはそのままに、新型iPod touchを買い増せばいいんじゃないか?」

これなら、4S残債を月月割無しで払う事態も避けられ、縦長の新型Retinaディスプレイや軽さ・薄さを体感できます。

ですが、持ち歩く台数が増えるなどデメリットもいくつかありそう。

というわけで、iPhone4Sユーザーの私が、iPhone5に機種変更するのをやめて新iPod touchの買い増しを選んだ場合に考えられるメリット、デメリットについて考えてみました。


メリット

▼iPhone5以上の軽さ・薄さを享受できる

iPhone4シリーズから比べ、大幅に薄く・軽くなったiPhone5。

ですが、新iPod touchはそのiPhone5よりさらに約20%薄く、軽いです。(6.1mm、88g)

縦長の4インチディスプレイはiPhone5と同等ですし、この面だけ見れば機種変更するよりずっといい。

▼鮮やかな色から選べる

Choice of buying new ipod touch 1

iPhone5のデザインはブラック&スレート、ホワイト&シルバーの2種。
背面のツートンカラーデザインもなかなかかっこいい感じです。

それに対し、iPod touchは5色展開。

中でも、私の好きな青色が入っているのはポイント高い。

「アルミニウムの素材自体に色をつけた、鮮やかなメタリックカラー」を持つという新iPod touch。

この要素も、購買意欲を刺激するには十分です。

▼iPhone4Sの残債にも月月割が適用される

お金の話。

前回のエントリーでも書きましたが、4S(64GB)ユーザーの私が5に機種変更すると、現在残っている残債のお金を、月月割適用なしで支払わなければなりません。その額42,000円。
(Softbankのキャンペーンにもよりますが、それほどの大幅減額があるとは思えないので。。。)

4Sをこのまま残して最後まで払いきると、月月割が適用されて20,160円の割引になり、残りの21,840円を分割で払っていくことになります。

この約2万円分の割引を最後まで受けるためには、今機種変更はできない。
それでも新しいディスプレイで軽く・薄くなったAppleデバイスを使いたい、となるとiPod touchという選択肢が浮かび上がってきます。

デメリット

▼持ち運ぶ台数が増える

普段iPhoneで使うアプリは、ほぼ全部iPod touchでも使用可能とみて間違いないでしょう。
例え通話やメールがしたくなっても、SkypeやiMessage等のアプリを使えば問題はなさそうです。

(参考記事は以下から。)

iPhoneとAndroidの月額料金を最低限に安く!データ通信料だけで通話&メールができるアプリまとめ

一方、いくらiPod touchをメインにしたところで、電話番号や携帯メールアドレスはiPhone4Sに残ります。

普段それほど使わないとしても、電話がかかってきたりメールが来ることを考えると家に放置するわけにもいかず、持ち歩きを余儀なくされます。

持ち歩く台数が1台増えるのは若干面倒・・・。

▼3G回線につながらないため、公衆無線LANか自前のWi-Fiルーターが必要

これは当然ですが、iPod touchは携帯電話会社と契約をしていないため、それだけではネットにつながりません。

インターネットに接続したりネット回線が必要なアプリを使用する場合は、無線LANのつながる場所に行くか、自分でWi-Fiルーターを用意してそれにつなげる必要があります。

私の場合、元々iPhoneをモバイル通信オフにしてWi-Fiルーター運用しているため、その点は問題なし。

詳しいやり方は、以下を参考に。

iPhoneやスマートフォンの通信料は、モバイルWi-Fiを使って節約できる!その原理と方法について解説します

▼iPhone5に性能がやや劣る

iPhone5に使用されているのは新型のA6チップ。大して、iPod touchはiPhone4Sと同じA5チップです。

また、カメラの性能もiPhone5が8メガピクセルに対し、iPod touchは5メガピクセル。

体感できるほどの大きな差ではないと思いますが、数字だけではわからない部分もあります。
どれほどの違いがあるのか、若干気になるところ。

▼iPod touchの新規購入代金

4Sを機種変せずに残しておくと、残債に割引が適用されるのは前述の通り。

ですが、当然のことながらiPod touchは新規購入になります。

32GBは24,800円、64GBなら33,800円。決して安い買い物ではありません。

これをどう考えるかですね。

▼発売日がiPhone5は9/21、iPod touchは10月

後から振り返れば些細な差ですが、iPhone5よりも長く待たなくてはいけないというのはなにげにキツイ・・・。

iPhone5を見せつけドヤ顔をしてくる友人、ネットでの購入レポートをやり過ごし、じっと耐える精神力が必要になります。

あとがき

デメリットはあるものの、新iPod touchのデザインや圧倒的な軽さ・薄さは大いに魅力的です。

前回の記事ではiPhone5ブラックに行きかけた心が、これを思いついてからブルーのiPod touchに傾き中。

予約開始はいずれも明日(2012/9/14)。さて、どうしたものか・・・。

iPhone5にあってiPod touch第5世代にないもの、およびその対策まとめ

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。