福岡-大阪間の移動手段は、どれを選べばいい?飛行機・新幹線・高速バスなど比較してみた

Move between fukuoka and kansai title
関西国際空港 / iogi

どうも。旅行大好き@ushigyuです。

LCC(格安航空会社)が日本にも参入し、少しずつ旅行の低価格化が進みつつある昨今。

当ブログではこれまで福岡-東京間福岡-長崎間の移動についてどの移動手段を選ぶべきか記事にしてきましたが、今回は第3弾として福岡-大阪間の交通機関を調べてみました。

近いようで遠い、微妙な距離にあるこの両者。
それなりに快適に安く移動するためには、どの交通手段を選ぶとよいのでしょうか?


ツアー

やはり最初にチェックしておきたいのはツアー
飛行機や新幹線で1万円台後半から往復プランがあります。
フェリーで1万円台前半なんてのも。(但し、船中泊1泊)

以前の記事でも書きましたが、GWやお盆、年末年始といった繁忙期には高くなりがちなので、そういった場合には別の手段を選んだ方がいいでしょう。

国内のツアー予約サイトは、以下の記事でまとめてありますので参照ください。

国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧

その中からピックアップしていくつかご紹介。

▼ エクスペディア

私がよく使うのは、エクスペディアというサイト。

ホテルのラインナップはじゃらん楽天トラベルほどではないですが、LCCとホテルをうまく組み合わせると安くなる場合もありとりあえずチェックしています。

⇒ エクスペディアで格安ホテルやツアーをチェックする

最初から航空券+宿泊で予約するツアーのほか、最初に航空券を予約するとその後別途ホテルを予約しても割引となる「AIR+割」というサービスもありますよ。

▼ ジェイトリップツアー

ディズニーランドやディズニーシー、USJ、北海道スキー、沖縄ダイビングといったバカンス向けのツアーに強いのがジェイトリップ(J-TRIP)

例えば福岡からユニバーサルスタジオジャパンに行きたい場合などは、最も有力な選択肢の1つとなるでしょう。

国内旅行・国内ツアーの格安旅行サイト ジェイトリップツアー


USJやディズニーツアーが豊富かつ探しやすいJ-TRIPについての解説は以下の記事でどうぞ。

「J-TRIP(ジェイトリップ)」はディズニーやUSJツアーに特に強い予約サイト

2017.02.18

▼ トラベルコちゃん

様々なサイトと連携し、多くのツアー情報を集めているのがトラベルコちゃん

非常にツアー数が多いため玉石混交ですが、価格帯や行き先、泊数などをうまく絞り込めれば良いツアーが見つかることも多いです。
ただし、安いと思って申し込んでみたら飛行機の便によって追加料金がかかったり、申込み締め切りが早かったりもするのでよく確認してから予約しましょう。

旅行情報サイト|格安航空券・ツアー検索・比較【トラベルコちゃん】


飛行機

次は、飛行機。ごく最近までは、ANA/JALの独壇場でした。
「特割」などの割引運賃を使い、最安時で13,000円程度。

航空券 予約・空席照会・運賃案内・国内線|ANA
JAL-航空券 予約・空席照会・運賃案内-

しかしLCC(ローコストキャリア:格安航空会社)のピーチ、ジェットスターの登場によりずいぶん安く福岡-関空間の移動ができるようになりました。

日によっては片道4,000円台から乗れるとは驚きです…!
ただし、関空は市街地からやや離れているため、そこから目的地への移動時間やコストも考慮して選ぶとよいでしょう。

航空券 予約・購入・運賃案内|Jetstar – ジェットスター
【公式】Peach|日本初の本格的LCC

安い分サービスも最低限に抑えてあります。

今まで当たり前だった座席指定や手荷物預け、機内でのドリンクなどなど「移動」それ自体以外のほとんどのことに追加料金がかかりますので注意。

新幹線

新幹線の通常料金は、片道約15,000円。所要時間は約2時間半。
これでは飛行機に比べてもあまりメリットがありませんが、14日前までに予約「こだま早特割引きっぷ」を使うと往復で15,430円(こども3,000円)とかなり安く乗ることができます。

こだま早特割引きっぷ

その他にも割引がありますが、上記きっぷほどは安くなりません。
種類によって、早めの予約が必要、J-WESTカードが必要など条件があるので、詳しくは以下でご確認ください。

新大阪から博多間のトクトクきっぷ:JRおでかけネット

移動中の作業は飛行機やバスに比べ最もやりやすいと思われるので、そういった用途に使うのもありですね。

電車(18きっぷ)

18きっぷで行く場合、約12時間ほど、乗り換えは5回くらい必要。

道中を楽しみながらのんびり行く場合や、とにかく安く済ませたい場合であればいいかもしれません。

高速バス

3,000円台からあるという、さすがの安さを誇る高速バス

しかし移動時間は約10時間、移動中も(3列シートか4列シートかなどバスの設備にもよりますが)快適とはいえません。その上基本的に夜出発、現地に朝到着する夜行便なので、睡眠時間的にもけっこうキツイ。

そうとう体力に自信のある方でなければ、着いてすぐ遊びにいくプランは立てない方が無難です。少しどこかで仮眠を取ってからの方が良いでしょう。

私が予約に使っているサイトは主に以下の2つ。

高速バス/夜行・深夜バス予約|WILLER TRAVEL:ピンクのバスの「WILLER EXPRESS」


楽天トラベル: 高速バス・夜行バス予約


腰や首を痛めないよう、バスに乗る前の準備も万全に。

深夜高速バスなどの長距離移動を快適に過ごすために準備しておくべきアイテムまとめ

自動車(マイカー・レンタカー)

マイカーやレンタカーといったの場合、高速道路で行くと料金は6,000〜10,000円程度。

かかる時間は6〜7時間、距離は約600kmなので20km/l走る車ならガソリン30リットル、リッター140円として4,200円。


労力とこれらを合計した値段を考えると、1人で行く場合にはあまり安くはなさそうですが、
家族や友達同士でわいわい行く場合にはいいかもしれませんね。子供連れや荷物が多いときにも便利。

もし運転して行くという場合には長時間のドライブとなりますので、運転手を交代でやる、適度に休憩をとるなどして事故には十分お気をつけくださいね。



もしレンタカーを利用するのであれば、私が最近利用しているたびらい楽天トラベル(レンタカー)を紹介しておきます。

大手のレンタカー会社が横断検索できる上に、独自の割引プランもあって大手で直接予約するより安くなる場合もよくあります。


たびらいでレンタカーをチェックする


楽天トラベルでレンタカーをチェックする

フェリー

Move between fukuoka and kansai 1
阪九フェリー「フェリーすおう」の出航 / OpenCage

フェリーの場合は、片道6,500円から。
また、福岡の門司港から出発しているため、福岡市内からはまず北九州まで移動しなければいけません。

12時間半という移動時間からいっても、通常の移動に使うにはちょっと厳しいかも。

ただ、自転車やバイク、車を運ぶことができるので(料金は必要)、道路で行くのはキツイけど現地ではツーリングやドライブを楽しみたいという人にはいいですね。

あとは、純粋にのんびりと船旅を楽しむという使い方も。

結論・あとがき

私なら、まず「ツアー」と「飛行機orこだま早特割引きっぷ+現地での宿泊」を比較して、どちらか安い方を選びます。
飛行機だと街まで行くのにさらにバスなどでの移動+料金が必要ですが、新幹線の場合はより利便性の良い駅に到着できることも考慮に入れておきましょう。

以前はバスもよく使っていましたが、車内での時間や着いてからの体力を考えると、ちょっともうきついかなと。


以上、旅行の際の参考にしてみてください!

⇒ エクスペディアで格安ホテルやツアーをチェックする

関連記事は以下から。旅行を安く済ませたい人は必読です。
それぞれ国内旅行用の予約サイト、海外旅行用の予約サイトについて詳しく解説。

国内旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧
海外旅行を安く済ませるために調べるべき予約サイト一覧(ツアー・航空券・ホテル)

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。