本の「自炊」って何?なぜそれが必要?どんな方法があるの?

What is jisui title

どうも。自炊ブロガー@ushigyuです。

当ブログは、名前「おまえは今までスキャンした本の冊数をおぼえているのか?」にもある通り、自炊(本の電子化)から始まったブログ。

2010年7月に「自炊完全マニュアル」なるものを書き始め、2011年1月にそのマニュアルを書き終えたのを機にもっと手を広げて記事を書き出し、いろいろあって現在に至ります。

今でも少しずつアクセスのあるこの自炊マニュアルですが、2年の歳月を経た現在見てみると、文章は稚拙だし、段落分けやレイアウトなど若干読みにくい部分もあります。

使用する機器はほぼ変わっていませんが、今になってみると書き足りなかった部分も。


というわけで、改めて自炊について「自炊って何」から具体的やり方、便利な活用方法まで、丁寧にまとめてみることにしました。
週1くらいで連載していくので、よろしくお付き合いください!

第1回は、「本の自炊って何で、なぜ必要?どんなやり方があるの?」といったところをご説明します。


「自炊」ってなに?

Wikipediaによると、

電子書籍に関する自炊(じすい)とは、自ら所有する書籍や雑誌を イメージスキャナ等を使ってデジタルデータに変換する行為(デジタイズ)を指す俗語[1]。デジタル化(スキャン)の効率化のために、書籍や雑誌を裁断機やホットプレート、アイロン等で分解する行為までを含む。
自炊 (電子書籍) – Wikipediaより)

要するに、紙の本を裁断しバラバラにして、スキャナーでPDFやJPGなどの電子データに変えてしまうことを指すのがこの「自炊」です。


ちなみに、余談ですが”自炊”という言葉の由来は

書籍の電子化の際、データを「自ら吸い込む」ことから「自炊」と呼ばれるようになった。
自炊 (電子書籍) – Wikipediaより)

とのこと。

なぜ自炊(本の電子化)をする必要があるの?

では、なぜわざわざ手間をかけて紙の本をデータ化する必要があるのでしょうか?

それは、紙の本にはない、電子書籍化した本ならではのメリットがあるから。

ざっと挙げてみると、

 ▼本を置くスペースが不要になる(パソコンのハードディスクさえあればOK)
 
 ▼大量の本を、パソコンやiPad等で簡単に持ち歩ける

 ▼整理や分類が簡単

 ▼黄ばんだり破れたりなど、劣化しない

 ▼iPad等の電子デバイスやアプリを使えば、紙ではできない本の活用ができる
  (例:気になる文章をEvernoteに送信、好きな場面をスクリーンショットを撮って保存、など)

もちろん「紙の手触りが好き」「電子デバイスでは目が疲れてしまう」といった方も中にはいるでしょうが、上に挙げた通り本の電子化によって得られる利便性はかなり大きいものがあります。

具体的メリットの詳細については、次回のエントリーでまとめてご紹介する予定なのでしばしお待ちを。

以前書いた記事は以下から。

私が使っている機器(裁断機・スキャナー)は以下の2つです。

自炊にはどんな方法がある?

大きく分けると、自宅で機器を揃えてする自炊のほか、業者に本を送って電子データ化してもらう「自炊代行」、あとは地域限定になりますが裁断機やスキャナーといった設備を備えた自炊スペースに本を持ち込むという手もあります。

自宅での自炊については、一度まとめていますし今回から改めて詳しく解説していきますので、ここでは割愛。

▼自炊代行について

機器が必要だし、手間もかかる自炊を代わりにやってくれるのが「自炊代行」というサービス。

1冊あたり百〜数百円程度で、紙の本を電子データにして送ってくれます。
(業者によってページ数や本の種類などで料金が変わってくる場合もありますので、事前によく料金表を確認しておきましょう)


ですがこの自炊代行、現在岐路に立たされています。

作家の方々が集団でこの自炊代行業者を訴え(出版社の差し金?)、結果業者が廃業するという事態が起きているのです。

「自炊」代行訴訟が終結 業者が廃業、作家側訴え取り下げ – ITmedia ニュース

全ての業者が廃業したわけではありませんが、今後自炊代行が続けられるかどうかは不透明なのが現状。

とはいえ蔵書が数百冊もあると、自分で全て電子化するのはかなりの時間と労力を要します。
(私はがんばって自分でやりましたが・・・)

電子書籍の普及が一向に進まないのもありますし、ユーザーとしては自炊代行という選択肢も残しておいてほしいと思うところ。

▼自炊スペースについて

裁断機やスキャナーを備え、本を持ち込めばその場で自炊ができるのが「自炊スペース」

当ブログでも、以前秋葉原の自炊スペースについて記事を書きました。

秋葉原の「aPad専門店」&「レンタル自炊スペース」潜入レポート

東京には他にも数カ所あるようですし、大阪にも確かあったはずです。
(「◯◯(地域) 自炊スペース」といったキーワードで検索してみてください)

福岡・大名には、私@ushigyuプロデュースの自炊スペースもオープンしています。

時間が合えば自炊のやり方を直接お教えしますよ。

本の自炊スペース(福岡・大名のGuildCafe Costa内)の利用手順

あとがき

次回は、自炊(本の電子化)によって具体的にどんなメリットがあるのか?何が嬉しいのか?を詳しく説明していきたいと思います。

乞うご期待!


自炊まとめ記事は以下から。この記事を見れば全てわかるようになっています。

【保存版】本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。