[Mac Safari]マウスオーバーしたリンクのURLを表示したり、短縮URLを元に戻せる「Ultimate Status Bar」

Safari tabkeys title

#追記(2012/8/20 19:48)

リンク先のURLを表示するだけなら、「表示」 – 「ステータスバーを表示」でもできるそうです。

#追記ここまで(2012/8/20 19:48)

おはようございます。Safariユーザーうしぎゅう(@ushigyu)です。

先日、ストレス無くChromeからSafariに移行する方法をまとめました。

ですがその中で欠けていたのが、リンクの上にカーソルを持っていったとき(マウスオーバー時)にリンクを表示させる機能。

Chromeではカーソルを持っていくと左下にURLが表示されていたのですが・・・

Ultimate status bar 1

Safariではそれがありませんでした。

この機能をSafariに付加してくれるのが、「Ultimate Status Bar」というたいそうな名前の機能拡張です。


以下のサイトから、Ultimate Status Barをダウンロードしましょう。

Home – Ultimate Status Bar: Safari Extension

ダウンロードしたら、そのファイルをダブルクリックすれば自動的にSafariにインストールされます。簡単!


この状態でSafariを再起動(開いていたタブを更新でもOK)し、リンクにマウスカーソルを合わせてみると・・・

Ultimate status bar 2

URLがバッチリ表示されました!いいね!

短縮URL(t.co、bit.lyなど)にカーソルを置いてみると、短縮前のURLを表示してくれます。

短縮された変なURLを踏まないためにも便利な機能ですね。

Ultimate status bar 3

表示されるURLの見た目を変更したい場合は、Safari環境設定の機能拡張タブで「Ultimate Status Bar」を選べば設定変更が可能。

Ultimate status bar 4


ChromeやFirefoxに比べて拡張機能が話題になりにくいSafariですが、意外とあるものです。

日本語のサイトでSafariの拡張機能を話題にしているところはまだ少ないので、英語でも探してみるのがコツですね。
(今回も、「safari mouseover url」といったキーワードで検索して発見しました)

MacのSafariユーザーのみなさま、もし他にも便利な拡張機能を見つけたらぜひ教えてください!

ChromeからSafariに移行する際にやったことまとめ(拡張機能、ブックマーク、ショートカット設定など)
Safariのタブにアイコンを表示したり、タブを閉じるのキャンセルができる「Glims」

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。