暑い日の部屋着にピッタリ!通気性の良い夏の和服「甚平」を購入してみた

Jinbei 5

おはようございます。最近和服の良さに目覚めてきたうしぎゅう(@ushigyu)です。

以前、作務衣を買って部屋着として使っていたのですが、夏ともなると若干暑くなってきます。

そこで、今度は夏用の和服である「甚平」を購入することにしました。

普通にジャージやTシャツもいいですが、和服を着るとやっぱり気が引き締まりますね。
(気持ちの問題ですが、やっぱり日本人なので・・・)

通気性ももちろんグッドです。


佐川急便の袋から取り出すと、このような包装がされていました。

Jinbei 1

ビニールから取り出します。うむ、紺地の布に白い糸がいいアクセントになっていて、個人的にはちょうど良い感じのデザインです。

Jinbei 2

ウエストのゴムはグッドデザイン賞を受賞しているとのこと。
ゴムがグッドデザインというのが想像つきませんが、きっと良いものなのでしょう。わからないけど。

Jinbei 3

首の部分のタグは、海外で買ってきたパチモン臭い(失礼)「KURUME BLUE」の文字。
ですが、れっきとした純国産です。

Jinbei 4

上着を広げてみました。和服。まごうことなき和服。

Jinbei 5

肩と袖のつなぎ目の部分はメッシュになっており、通気性を確保しています。

Jinbei 6

下の方も広げてみました。
腰のところはゴムになっています。(Sサイズのみゴムがないそうなので注意)

Jinbei 7

ところどころ赤い糸が使ってあって、プチおしゃれ。

Jinbei 8

とりあえず着てみました。
写真では前をきちっと閉めていますが、普段はもう少しゆったりとしていて風が通る感じになります。

Jinbei 10

「ちぢみ織」とやらの効果なのか、肌触りもさらっとしていていい感じ。


花火大会なんかの時なら、外に着ていっても違和感ないかもしれませんね。

この夏は、部屋では和服で生活していこうと思います!

これは古き良き日本の発明だ!作務衣を着てみたら、予想以上に快適だった件

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。