Windowsの定番音楽再生ソフトWinampがMacに登場!その日の気分で簡単にプレイリストを作れるのがいい感じ!

Mac winamp title

こんにちは。作業中は専ら邦楽とゲームミュージックなうしぎゅう(@ushigyu)です。

パソコンを使っている方の多くは、何かしらの音楽再生アプリを使っていると思います。

私の場合MacユーザーになってからはiTunesを使っていますが、Windows時代はWinampという軽量で使い勝手の良いアプリを使っていました。

そのWinampのMac版が出たとのことで、使ってみました。

iTunesではしにくい「その日の気分で曲をサクっとピックアップしてプレイリストをつくり、再生」が簡単にできるので、早速我が家のMacでも大活躍しています!


iTunesの曲を1クリックでインポート!

まずは、Winamp for Macの公式サイトからダウンロード・インストールしましょう。

Winamp for Mac Sync Beta – Winamp

起動すると、iTunesの曲をインポートするボタンが出てきますので、押してみましょう。

すると、Winampの画面にiTunesと同じ曲やプレイリストがずらっと出てきます!簡単!

Mac winamp 1

1クリックで速攻インポートできる上に、時間もわずか数秒でした。

基本操作はダブルクリックとドラッグ&ドロップのみ

Winampは見た目のシンプルさでわかるように、操作もとても簡単です。

画面の構成は左から”ミュージック”やプレイリストなどの表示欄。
真ん中に曲が表示されます。iTunesとほぼ同じでわかりやすい。

右側が今から再生する曲のリストで、ここに曲を追加していきます。

Mac winamp 2

再生/停止、次の曲/前の曲、音量調節、シャッフル、リピートといった基本機能は左上部のボタンで。


曲を再生リストに追加するには、ドラッグ&ドロップかダブルクリックで。

ドラッグ&ドロップだと1曲ずつ追加でき、ダブルクリックすると真ん中に表示されている曲すべて(例えば、プレイリストの全曲)が再生リストに追加されます。

Mac winamp 3

再生リストが気に入れば、Winamp上で使えるプレイリストに保存することも可能。
リストのクリアは、Control+クリックのメニューから行えます。

Mac winamp 4

右上の検索窓で曲名などの検索も可能。
このあたりもiTunesユーザーにとってはUIが同じで使いやすいですね。

Mac winamp 5

個人的に嬉しいのは、その日の気分で曲をピックアップ(ドラッグ&ドロップ)してプレイリストを作り、再生できること。

Mac winamp 6

iTunesでもできなくはないですが、その日の気分で一時的なプレイリストを作るのはちょっとやりにくかったんですよね。

曲の管理はiTunes、再生はWinampというのが我が家では定着しつつあります。

mp3などの音楽ファイルも再生可能

今回はiTunesの曲を追加しましたが、mp3などの普通の音楽ファイルももちろん追加可能。

Mac winamp 7

様々な音楽ファイルで汎用的に使えるのは、Winampのいいところですね。

あとがき

今後、Windows版にはある「スキン(外観を様々に変えることができる機能)」や「イコライザ」など搭載されていけば、さらに使えるソフトになりそうです。

iTunesがイマイチ馴染まない方、Macで音楽再生ソフトを探している方はぜひ使ってみてください。オススメです!

もう作業用BGMに困らない!音楽垂れ流し系サービス&iPhoneアプリ13選
感動。自分のPCをクラウド化する「audiogalaxy」で、全ての音楽を、あらゆるデバイスで。

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら