Retinaの新型MacBook Proは”買い”か?Airや通常モデルと比較し、どんな人にオススメか考えてみた

Apple wwdc2012 title

おはようございます。WWDCの興奮覚めやらぬ@ushigyuです。

前回のエントリーで、Appleの新製品発表(WWDC)の内容についてざっくりとまとめました。

その中でも一番の目玉が、Retinaディスプレイを備えた新型MacBook Pro

私自身も買おうかどうか非常に迷っているのですが、本当に買うべきかどうか前モデルやMacBook Airと比較しつつポイントを整理し、「どんな人に新型MacBook Proはオススメか?」考えてみたいと思います。

(冷静になる意味でも。。。笑)


新型MBPを、普通のMBP、MacBook Air13インチと比較

MacのノートブックPCから選ぶ場合、買い換える候補として挙げられるのが、新型MacBook Proの他に普通のMBP、MacBook Air。

というわけで、以下スペックを比較してみました。
(それぞれ最小構成モデルのスペックを表示)

MacBook Pro 15インチ
Retinaディスプレイ
MacBook Pro 15インチ MacBook Air 13インチ
価格 184,800円 154,800円 102,800円
ディスプレイ Retinaディスプレイ(2880×1800) 1440×900 1,440×900
CPU 2.3GHz クアッドコア
intel i7
2.3GHz クアッドコア
intel i7
1.8GHz デュアルコア
Intel Corei5
メモリ 8GB 1,600MHz 4GB 1,600MHz 4GB 1,600MHz
ストレージ 256GB
フラッシュストレージ
500GB
ハードドライブ
128GB
フラッシュストレージ
サイズ 1.8×24.71×35.89cm 2.41×24.9×36.4cm 1.7×22.7×32.5cm
重量 2.02kg 2.56kg 1.35kg
グラフィック Intel HD Graphics 4000
NVIDIA GeForce GT650M
1GB GDDR5メモリ
Intel HD Graphics 4000
NVIDIA GeForce GT650M
512MB GDDR5メモリ
Intel HD Graphics 4000
バッテリー 最大7時間 最大7時間 最大7時間

これを見てわかる通り、真ん中のMacBook Pro通常モデルを買う意味はほぼ無くなったと個人的には思います。

Retinaディスプレイモデルと3万円の差で、Retinaに加えメモリが倍、フラッシュストレージ、薄く軽くなるのであれば間違いなく新型MacBook Proをほとんどの人が選ぶでしょう。


以上より、比較すべきは①新型MacBook Pro、②MacBook Air、③買い替えを控えるの3択だと思われます。

「①新型MacBook Pro」をオススメするのはこんな人

Retina mbp buy or not 1

Retinaディスプレイを搭載し、軽く薄くなった新型のMacBook Pro

高精細な写真や動画を、美しいディスプレイで高速に処理することができます。

写真家やデザイン関係の仕事、ムービーの編集をする方などは即買いしても間違いないのではと個人的には思います。

また、従来のMacBook Proを持ち歩いていた人にも、より軽く美しくなったこの新型MBPは薦められますね。


逆にネックはどこかといえば、最小構成で184,800円という価格、及び15インチ&2kgという大きさ・重さ

価格は言うに及ばず。
薄く軽くなったとはいえ、15インチ2kgは持ち運ぶにはまだかなり大きく重いと感じる方も多いでしょう。

私もこの新型MBPに惹かれているのですが、ブログを書くだけならオーバースペックだし、今のカバンも小さくて使えない。肩も痛くなりそうだし・・・

でも大きく美しい画面で作業できたら嬉しいし、この先アプリ開発やるにも十分すぎるスペックは魅力・・・と大いに悩んでおります。^^;

「②MacBook Air」をオススメするのはこんな人

Retina mbp buy or not 2

従来モデルと見た目の変更がなく、地味なスペックアップ&一部モデルの値下げに留まったMacBook Air。

RetinaMacBook Proの華々しさに隠れがちですが、元々MacBook Airは素晴らしい製品。
新型Airに買い換えるというのも有効な選択肢の一つです。


ノートブックは持ち歩くが、ネット・メール・文章を書くくらいにしか使わないのであれば、このMacBook Airで十二分に活躍できることでしょう。

開発など性能が必要な作業も、ある程度ならこなしてくれます。

「性能はProほど必要ない」「今までのディスプレイで十分」「持ち運びが多い」という方は、依然としてMacBook Airが最も有効な選択肢だと思います。

「③買い替えを控える」理由があるとすれば何か?

こればかりはそれぞれの方の個人的事情による、とは思います。
お金がない、前のモデルを買ったばかり、次世代モデルに期待している、などなど。

ですが、私のように現在使っているMacがかなり限界に来ている場合、やっぱり買い替えはしたいものです。


それでも買い替えを控える理由があるとすれば、今後13インチのRetinaディスプレイ&フラッシュストレージMacBook Proが出る可能性

もしそんな製品が出るなら、私は今回我慢してそちらを選ぶのですが。。。

こればかりはわからないので、現在のラインナップの中から決めるか、可能性に賭けて今回もスルーするか、検討中でございます。

あとがき

まさにこの①〜③で悩んでいるのが、今の私です。

ああ、どうしよう!!とりあえずApple Storeに行って現物を触ってみるかな・・・。

後日談はコチラ↓

私が新型Retina MacBookProを止めて、Air13インチを購入した理由
【AppleのWWDCを見れなかった人へ】3分でわかる新製品・情報まとめ(新型MBP、iOS6、Mountain Lionなど)

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。