「笑ってはいけない」場所で読むのは要注意!競馬好きもそうでない人もとにかく笑える本「野次るファン」by バスコ

Basko yajiru fan title
Final Stretch / nakashi

どうも。笑うことが大好きなうしぎゅう(@ushigyu)です。

突然ですが、競馬って知っていますか?

競馬場には行ったことがなくても、「馬の着順を当てるギャンブル」「JRAがCMしてるやつ」くらいはほとんどの方が知っていると思います。

この競馬場という場所、馬やキレイなターフ(芝生)を見にデートで来ているカップルや家族連れがいる一方、変わったオッサンやオバサンもたくさんいるとてもカオスな空間。

そんな変わった人達の思わずツッコミたくなる面白い野次(ヤジ)を集めてツッコミを入れまくったのが、今回紹介する「野次るファン」という本です。

ふつう野次というと「◯番来い!」とか「△△(騎手名)何やってんだよ!」といったものが思い浮かぶと思いますが、本書に載っているのはそんな生やさしいものではありません・・・笑


著者のバスコさん(@baskobasko、ブログ:新・バスコの人生考察は、「爆笑レッドカーペット」「キングオブコント」などを手がけるプロの放送作家

この本は、そのプロが書いた競馬ファンの野次(ボケ)と筆者のツッコミ、という”紙上漫才”の形でひたすら進んでいきます。なので目次もありません。つける必要がないから。

明らかに今まで見たことのない本ですが、それが面白い。ひたすら笑えます。
ちょっと肩の力を抜いたり、気分転換したい時、ただ笑いたいときに読みたくなりますね。

競馬のことをあまり知らなくても十分笑えますのでご安心(?)ください。

では、ちょっとだけ内容をご紹介。


競馬ファンの野次(ボケ)とツッコミの一部をご紹介

以下、黒文字が「ヤジ」赤文字が「筆者のツッコミ」です。

競馬場で馬券を買い、手に汗握りながらレースを見ている様子を想像しながらご覧ください。
それではどうぞ。










「おえ〜!俺、いつになったらソファー買えんねん!」(20代・男性)


買えるやろ、その金で!ソファー買えや先に!








「あっ、武豊ストラップの武豊や!」(小学生・男子)


どっちメインにしてんねん!武豊がおるから武豊ストラップがあんねん!








「レニングドール来い!レニングドール来い!」
「レニングラードね」
(60代・男性二人)


サニングデールや!その馬はサニングデールや、おい!必死なところ恐縮やけど二人とも間違ってんねん!








「バケンニ、ティーポイントタマルヨウニセイヤ」(40代・アラブ人)


外人やんな?ちょっと待って、ゴリゴリのアラブ人がTカード持ってんの!?
「ヒャクエンカッタラゴポイントツケロヤ」
あかん、頭が整理できん、俺!








「今年の目標は競馬場に来ないことや!」(20代・男性)


もう来とるやろ、今まさに!








「お父さん、そろそろ複勝転がしてみたら?」(11歳・男子)


小学生やんな?「複勝を転がす」とか言ってるけど、自分、小学生やんな!?








ちなみに、本書の中ではツッコミはもっと長く、半ページにわたってがっつりツッコんでおります。

載せきれなかったやりとりの中にも、相当笑えるものがたくさんありました。。。

あとがき

“お笑い”は無くても生きていける娯楽ですが、あることによって肩の力が抜けたり、沈んだ気持ちが前向きになれる力があります。

真偽のほどはわかりませんが、甲本ヒロト(ブルーハーツ、ハイロウズ、クロマニヨンズのボーカル)とダウンタウン松本人志にまつわる以下のような話があるくらい。

[note]「日曜日よりの使者」が作られた経緯として有名なのが、ヒロトが自殺を考えるほど落ち込んでいたとき、ダウンタウンの番組を見て大笑いし、自殺を思い止まった事から生まれた曲、つまり「日曜日よりの使者」とはダウンタウン、若しくは松本人志のことを指しているという説である。
日曜日よりの使者とは (ニチヨウビヨリノシシャとは) [単語記事] – ニコニコ大百科)[/note]

ビジネス書や技術書もいいですが、たまには何も考えず、くだらないことで笑える時間をつくってみてはいかがでしょうか。

今回紹介した本は、そんな時間のお供にうってつけです。ぜひ手にとってみてください。
※「笑ってはいけない」場所で読む場合は十分ご注意を・・・笑

著者、バスコさんのブログは以下から。このブログがツボにハマる人は、この本を買っても間違いないかと。

新・バスコの人生考察

#追記

著者のバスコさんより、この本の発売アナウンスがありました。
購入してTwitter、Facebook、mixi、ブログ等で紹介してくれた方、先着100名には限定記事が読める特典がつくそうです!

私の好きなシリーズ「木下さんは何者か?」の新作もあるようです。読みてぇ・・・。

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。