[グルメ]鶏の身とスープを存分に味わう。水炊きの名店「水たき長野」in 福岡・中洲川端

Mizutaki nagano 2

先日、福岡に遊びに来ていたチャラ技HAYA技の中の人@haya1111氏と、博多水炊きの老舗にして名店「水たき長野」に行ってまいりました。

夜は予約が取れなかったのですが、昼は大丈夫とのことだったので13:30ごろの訪問。


「水たき長野」の場所は、地下鉄中州川端駅、呉服町駅からそれぞれ徒歩10分くらいのところ。

住宅が多い静かな通りの一角にあります。

Mizutaki nagano 1

いかにも「老舗」といった風情。

Mizutaki nagano 2

玄関も、高級料亭のような風格。(行ったことないけど)

Mizutaki nagano 3

玄関を開けると、まだ入り口への通路が続いてました。
さらに高級感漂う。

Mizutaki nagano 4

けど、中に入ってみると意外と普通のテーブル席でした。
ちなみに、他に小上がりの座敷席などもあるようです。

Mizutaki nagano 5

既に、しっかりダシの出た鶏スープが用意されていました。
この時点ですでに相当美味そう。

Mizutaki nagano 6

こちらが献立。
「水たき」は骨付きの鶏、「スープ炊き」はつくねのことで、どちらも鶏のダシが出たスープであることに変わりはありません。

今回は2人なので、1人前ずつのミックスを選択。

Mizutaki nagano 7

とりあえず瓶ビールを1本頼み、乾杯!

ビールと付出しの酢モツ、鶏スープをバックに1枚。

Mizutaki nagano 8

割烹着姿の仲居さんに注いでいただいた鶏スープを、まずは一杯いただきます。
濃厚なのにあっさりしててうめー!

味が足りなかったら塩を少々入れてもグッド。

Mizutaki nagano 9

酢モツも新鮮で、付出しと侮れないおいしさ。
ビールが進みます。

Mizutaki nagano 10

この後の鶏肉や野菜はこの酢醤油で。

ポン酢ではなく、酢醤油なのがポイント。これがマジで美味しいんです。

Mizutaki nagano 11

薬味を入れて、まずはとり身からいただきます!

Mizutaki nagano 12

(゚д゚)ウマー!!

Mizutaki nagano 13

鶏肉はもちろんプリプリで美味いのですが、他店と明らかに違うのは自家製の酢醤油。

ポン酢ほどしょうゆが強くなくさっぱり食べられるのに、酸っぱさがちょうどいい感じに絡んで最高に美味い!

「この酢醤油ヤベエ。これはきた。」と連呼する@haya1111氏。

お次はつくね。仲居さんが慣れた手つきで鍋に投入していきます。
一緒に砂肝、レバー、ハツも投入。

Mizutaki nagano 14

ぐつぐつ。

煮えた頃合いも仲居さんが教えてくれるので安心。

Mizutaki nagano 15

いただきます!

Mizutaki nagano 16

こちらも美味い!もはや当たり前やけども!

途中途中で鶏スープを飲むのが良いらしい。
煮込んだ肉のダシが溶け出しているので、また少し違った味わいが楽しめます。

塩を入れてもいいし、酢醤油をちょろっと垂らすのがまた乙なのです。

Mizutaki nagano 17

鶏のダシが出まくったスープに、次は野菜を入れて食す。
さっぱりうまうま。

Mizutaki nagano 18

やっぱり締めもいるよね…ということで、おじやを追加注文。
こちらも仲居さんが手際よく作ってくれます。

Mizutaki nagano 19 Mizutaki nagano 20

このスープで作ったおじやが美味しくないわけがないでしょ。

Mizutaki nagano 21 Mizutaki nagano 22

ごちそうさまでした!

あとがき

おそらく、福岡の水炊きの店の中でも一番有名な「水たき長野」。

行く前は「水たきなんてどこも変わらんでしょ?」と思っていたのですが、前評判に違わず最高に美味しかったです。

夜はなかなか予約が取れずに今まで行けていなかったのですが、次回以降の来客時には昼にでも必ず連れていきたいと思います!

関連ランキング:水炊き | 中洲川端駅呉服町駅天神駅

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら