[グルメ]透き通ったイカを刺身で、天ぷらで。いかの活き造りの元祖「河太郎」in 福岡・中洲

Kawataro 11

福岡はご飯の美味しいところとして知られていますが、有名なのは「もつ鍋」「ラーメン」「水炊き」といったあたり。

ですが実は、福岡は魚介類も美味しい土地なのです。
(たぶん九州はどこに行っても美味いけど)

先日@goryugo氏が来福した際、Twitterの情報を見て「いかの活き造りが食べたい!」と突然言い出したので、いかの活き造りの元祖「河太郎」に行ってきました。


今回紹介する「河太郎」は、福岡の飲み屋街兼風俗街の中洲、それもかなり入ったところに位置しています。

福岡・博多のいけす料理屋 元祖いかの活造り 河太郎 中洲本店

来る方向によっては、中洲でもかなりディープな部類の風俗街を抜けてくる必要あり。
男性はおそらく相当客引きに声をかけられるので、ご注意を。

客引きの方々をスルーしながら、河太郎に到着。

Kawataro 1

伝統のありそうな外観。

Kawataro 2

と、謎のオブジェ。

Kawataro 4

中に入ると、大量のイカが泳ぐいけすが出迎えてくれます。

Kawataro 5

注文を受けると、そのいけすからイカを捕獲して調理しているようです。

Kawataro 6

そのいけすを眺めながら食事ができるカウンター。

Kawataro 7

ビールと活き造りを注文し、お通しを食べながら待ちます。

Kawataro 8

ちなみにそれなりに高級なお店なので、料理によっては結構なお値段します。。。
いかの活き造りは1人前2,940円。

仲居さんは皆さん着物を着ています。

そうこうしているうちに、いかの活き造りが到着!
めっちゃ透き通ってるよ!動いてるよ!

Kawataro 10

これは別のタイミングで撮った写真。色が違うのがわかるでしょうか。
イカがずっとヒクヒク(赤くなったり透明になったり)しているのです。
まさに活き造り。

Kawataro 11

別アングルからのイカ!
コリコリしていて甘みがあり、九州の刺身醤油と絶妙に合います。

Kawataro 12

ここで「醤油うめえ!」を連発する@goryugo氏。そこなのかよ。

もう一つ注文していた、車海老の活き造りも到着。

Kawataro 13

こちらもピクピク動きます。
動画を撮ろうとすると動きを止めるシャイな奴。

Kawataro 14

向こう側の席では、お客さんがビールやオレンジジュースを仲居さんに振る舞っていました。
中洲ならでは(?)の光景。

イカを堪能した後は、天ぷらにして残さずいただきます。
これがまた美味いのなんの。

Kawataro 16

エビの頭も素揚げにしてバリッと。

Kawataro 17

あとがき

美味しいイカの活き造りが、海産物が食べられるところとして間違いないお店です。

値段がやや高めではありますが、ちょっと贅沢をしたいときや観光、接待にはうってつけではないでしょうか。

夜遊びの景気づけにもいいかも…?
美味しいですよ!

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 中洲川端駅祇園駅天神南駅

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。