iCloudによる音楽などのダウンロードに必要な、iTunesのデバイス認証方法

Itunes device certification title

iTunesがiCloudに対応し、一度購入した音楽、アプリなどのコンテンツはどのデバイスからでも再ダウンロードできるようになりました。

そのことは知っていつつも、今まで使ったことが無かった私。

先日、iPhoneで一度購入したことのある曲をMacBookAirからダウンロードしようとしたところ、「認証してください」との警告が。

あれ、そんなの必要やったんや・・・と思いつつ、手順を調べて認証したら普通にダウンロードできました。よかったよかった。

今回は、(超簡単ではありますが)その手順をご紹介。


基本的に、以下のページの手順通りにやればOK。

認証が終っていないデバイスから音楽などを再ダウンロードしようとすると、以下のような警告が出てきます。

Itunes device certification 1

認証の手順は以下の通り。

まず、iTunesの「Store」メニューから、「このコンピュータを認証」を選択。

Itunes device certification 2

すると、アカウント名とパスワードの入力画面になります。
いつも通りIDとパスワードを入力し、認証をクリック。

Itunes device certification 3

以下のような完了画面が出れば、認証成功です。
5台のうち4台(iPhone、iPad、iMac、MBA)も使っているとは・・・^^;

Itunes device certification 4

これで、心置きなく購入済みの音楽やアプリをダウンロードできるようになりました!

あとがき

やっぱり便利なiCloud。

次は、audiogalaxyのようにデバイス内に音楽がなくても再生できるようになったりしないかな…?
と密かに期待しているところです。

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。