博多料亭の和食が、ランチなら1,300円!『千と千尋』の世界のような店内も必見。「稚加榮本店」in 福岡・赤坂[グルメ]

IMG 4577

普通の人はなかなか縁のない「料亭」。

政治家が会合を開くのに使っているイメージで、相当お高いはずなのでそうそう行けないだろう…と私も思っていました。

ですが、明太子でも有名な博多の料亭「稚加榮本店」では、ランチが1,300円で食べられるとのこと。

早速行ってまいりました!


場所は、福岡市の中央区赤坂というところ。
地下鉄赤坂駅から歩いて5分程度です。

こちらが外観。風情を感じるたたずまい。

IMG 4568

昼は、「和定食」と「そば定食」の2つのみで、どちらも1,300円です。

IMG 4569

玄関から中へ。

IMG 4570 IMG 4571

行ったのは平日の昼休みを過ぎたころでしたが、それでも5分ほど待ちました。

広い店内は満席。和服を来たお店の方が慌ただしく動いています。

IMG 4573

そして着席。
なんと、全体が見渡せるド正面の席でした。ラッキー!

ここから見る店内はまさに壮観。
元気に泳ぐ生け簀の魚を見ながら、料理を待ちます。

IMG 4574

長いカウンター席。

IMG 4575

どことなく、「千と千尋の神隠し」の世界を思わせる雰囲気。
さきほどの正面からの写真をInstagramの写真で加工してみました。

IMG 4577

卓上にはチューブ型のつぶ出し明太子。
この「稚加榮」、明太子のおみやげでも有名なのです。

IMG 4581

そしてついに、料理の登場。
ドン!!!

IMG 4582

エビ、ピーマン、お魚の天ぷら。
もちろんサクサクで、天つゆもいい味出してる。

IMG 4583

茶碗蒸し。
こちらもいいダシで美味い。
ダシは和食の命ですから、料亭では相当こだわって作っているに違いありません。

IMG 4584

焼き魚。
照り焼きのような感じになっていて、しょうゆなしでもいい味がついてます。
ごはんが進む進む。

IMG 4585

煮物。
薄すぎず濃すぎない、上品な味。

IMG 4586

さっきまで泳いでいたのか、超新鮮な刺身。
弾力が違います。

甘みのある九州のさしみ醤油で食べるので、さらにおいしい!

IMG 4587

味噌汁。
カニのダシがバッチリ利いてます。

IMG 4588

お漬物。
箸休めにも、ご飯のお供にも。

IMG 4589

ご飯もおいしい!

ここに…

IMG 4590

明太子を乗せて喰らう!(゚д゚)ウマー (゚д゚)ウマー

IMG 4591

最後に水槽をもう一度パシャリ。

IMG 4592

ごちそうさまでした!!

あとがき

味も雰囲気も満足でした。

ちょっと豪華なランチを食べたい時や来客があったとき、また行こうと思います!


なお、稚加榮の明太子は通販もやっているようです。
本場の明太子を食べたい方は、ぜひ。

【稚加榮本舗】商品一覧

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら