カラフルなキッチンツールで、自炊をもっと楽しく!私が揃えたキッチン用品一式をご紹介

Colorful kitchen tools title

自炊(本の電子化)について、どこよりも詳しく解説している当ブログ。

実は去年末くらいから「ダブル自炊」として、本来の意味での自炊(要するに料理)にも手を出そうとしていました。

実際に、最初のレシピは以前記事にした通りです。

自炊(料理の方)を始めるにあたって、必要になるのが調理道具(キッチンツール)。
引っ越し前に使っていたものは全て一度捨ててしまったので、新たに一から揃える必要がありました。

量販店やネット等でいろいろ調べてみると、本当に様々な種類のものがあります。
ただ、今回は「長く使うのだから良いものを」「どうせなら料理が楽しくなるものを」という基準で選択。

結果、安価なものに比べると少々値は張るものの、カラフルで台所が華やかになるようなキッチンツールを揃えることができました。

せっかくなので、今回はそれらの私が揃えたキッチンツールをご紹介。


鍋:T-fal(ティファール)のミディセット

鍋を選ぶにあたって考えたことは、以下の2点。

 ・見た目を揃えたいので、同じシリーズのものを
 ・収納時にかさばらないと嬉しい

選んだのは、「取っ手の取れるティファール」でおなじみのT-fal社の鍋セット。

こんな箱に入ってました。3つも鍋が入ってるにしてはコンパクト。

IMG 3923

内容物はこんな感じ。

IMG 3924 IMG 3925

この半透明のフタは、いちばん深手の鍋を密閉したいときに使います。

IMG 3926

こちらは煮込むときに使うフタ。これもいちばん深手の鍋用。

IMG 3927

フタをした状態。

IMG 3928

フタの持ち手部分が磁石+引っ掛けられるようになっており、ワンタッチで取り外せます。

IMG 3929

すべての鍋に対応する取っ手がこれ。横のボタンを押すと…

IMG 3930

カシャーン!と開くようになっています。

IMG 3931

この開いた状態で鍋に引っ掛けて…

IMG 3932

閉じると、しっかり鍋をロック。絶対に外れないようになっています。

IMG 3933

持ち上げても、この通り。

IMG 3934

フライパンでももちろんOK。

IMG 3935

これだけでも良かったのですが、残りの2つの鍋用のフタもついでに買ってしまいました。

こんな感じでフタできます。
持ち手部分は前述のフタと共用なので、問題なし。

IMG 3936

しまうときはこのように重ねて、コンパクトに。

IMG 3937

ボウル類や計量スプーン:Joseph Joseph(ジョゼフジョゼフ)の8点セット

ボウルや水切り、計量カップなどは、Joseph Joseph(ジョゼフジョゼフ)のものがカラフルでグッときたので、こちらに決定。

箱もカラフル。

IMG 3938

中身もカラフル。8色のグラデーションがきれい。

IMG 3939

ちょっと難点が、イギリス製品であること。
日本の計量カップ等とは容量が違うため、レシピ通りの分量を測るためには線に合わせて使うなど工夫が必要になります。ちょっと面倒。

IMG 3940

分解するとこんな感じ。

ボウルの他、水切り、ふるい、計量カップ(スプーン)があります。

IMG 3941

但し、日本の大さじや小さじに対応した大きさのものがないところ、オレンジや赤のものは「帯に短したすきに長し」になってしまいかねないところ、がちょっと残念。

調味料や小さめの材料を分けて入れておくときなどに、使ってみようと思います。

おたまやフライ返しなど:Joseph Josephのカルーセルセット

おたまやフライ返しなどのキッチンツールは、同じくJoseph Josephのカラフルなカルーセルセットに決定。
(カルーセルって「メリーゴーランド」っていう意味だったんですね。知らなかった。。。)

はい、こちらです。

IMG 3942

開封して置いてみる。
引っ掛けた状態でちょうど地面につかない高さになるよう、配慮されています。

IMG 3943

また、ちょっと置いて別の作業をしたいときにも、下につけて汚すことなしに置けるようになっています。

こういったちょっとした工夫が嬉しいですね。

IMG 3945

パッケージ裏側。
全6色で、一通りのものが揃っています。

IMG 3946

まな板も買ってもうた

ついでに、まな板も買ってしまいました。

こちらです。

強化ガラス製で汚れにくく、カラフルなのが特長。
(またもJoseph Joseph社製です。特にこの会社のを選んで買ったわけではないのですが、気付いたらそうなってました^^;)

絵柄は謎っちゃあ謎ですが、私は気に入ってます。笑

他にも様々な絵柄があるようです。

使用感

数回自炊(料理の方)で使ってみた感想です。

ティファールの鍋

満足!

鍋としてしっかりした作りなのはもちろん、取っ手が取れると調理や収納の際に邪魔にならないので、非常に便利。

ボウルセット

うーむ…微妙なところ。

ボウルや水切り等は問題ないし収納は便利なのですが、中途半端な大きさのやつは前述の通り使い道が難しい。
計量スプーンも別途必要だし。

もうちょっとディープに自炊を始めると使うようになるかも…というわけで、しばらく使い続けてみます。

カルーセルセット

満足。

料理に触れる面を汚さずに置けるのが便利だし、意外と困る収納もバッチリ。

まな板

こちらも満足。

以前使っていたのが樹脂製だったため、最初は「ガチン」という切ったときの音が気になりましたが、すぐに慣れました。

逆に樹脂製だと包丁の傷がついたり色が濃いものだとこびりついて取れなかったりしたのですが、強化ガラスなのでその心配はありません。清潔に保って使えそうです。

あとがき

キッチンツールや鍋は安価なものも売っていますが、長く使うものだけにちょっと良いのを揃えておくのもアリでは?

…と思い、ちょっと奮発して買い揃えてみました。

デザインもそうですが、使ってみるとわかる「ちょっとした工夫(鍋にかけられる、置いても地面につかない、など)」がいい感じです。

こんなカラフルな道具なら、自炊(食べ物のほう)も楽しくなりそうですね!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。