2012年1月12日

Saving smartphone charge title
Save Money Vacation / o5com

以前、iPhone×Wimaxで、あるいはSoftBank 007zを使って通信料を節約する、という記事を書きました。

この通信料節約の方法は何もiPhoneやWiMAXなど一部の製品やメーカーに限定した話ではなく、スマートフォン全般 × モバイルWi-Fiルーター全般をうまく組み合わせれば誰でも節約することが可能なのです。

今回は、iPhoneでもAndroidも関係なく、

 「どうすればスマートフォン×モバイルWi-Fiルーターで月々の通信料金を節約できるか?」

について書いてみました。

「2段階定額」の下限と上限の差額、それ以下でモバイルWi-Fiルーターを手に入れる

まずは、「どうすれば通信料の節約になるのか?」について理解しましょう。

※以下、通信料が毎月変わらないフラットなプランではなく、2段階定額のプランに入っていることを前提とします。


スマートフォンを普通に使っていると、各社が用意している「2段階定額」の上限額まであっという間に達してしまいます。

しかし、携帯キャリアのデータ通信(要するに普通の携帯電話網)を使わず、モバイルルーターを準備してデータ通信をオフにし、Wi-Fi接続のみを使うようにすれば、2段階定額の下限額でスマートフォンを毎月運用することができます。

あとは、上限額から下限額に下がったその差額よりも少ない金額でモバイルルーターを契約できればいいわけです。

ちょっとわかりにくいので、例を挙げてみましょう。

(例):@ushigyu さんの場合

iPhoneを通常運用すると…

基本料金を除く通信料は、パケットし放題 for スマートフォンの上限額

 ⇒ 4,410円

iPhone + SoftBank 007zの2台で運用すると…

 パケットし放題 for スマートフォンの下限額 1,029円
 + SoftBank 007zの本体代金及び月々の支払額 1ヶ月あたり 約2,900円(※一括9,800円で購入した場合)

 ⇒ 3,929円 (こっちの方が安い!)



というわけで、各社の「2段階定額」の料金について調べてみました。

【Docomo】
 「パケ・ホーダイ ダブル」(390〜5,985円)

 ⇒ 差額 5,595円

    パケ・ホーダイ ダブル : パケ・ホーダイ ダブルとは(スマートフォン) | 料金・割引 | NTTドコモ

【au】
 「ダブル定額」(2,100〜5,985円)※iPhoneを除く。(iPhoneは定額4,980円のみ。たぶん)

 ⇒ 差額 3,885円

【SoftBank】
 「パケットし放題 for スマートフォン」(390〜5,985円)※iPhone以外の場合

 ⇒ 差額 5,595円

 「パケットし放題 for スマートフォン(標準プライスプラン)」(1,029〜4,410円)※iPhoneの場合

 ⇒ 差額 3,381円



これらの差額よりも安い価格で運用できるモバイルWi-Fiルーターを探すことができれば、月々の料金がお得になるというわけです。

では、そんな安いモバイルWi-Fiルーターがあるのか調べてみましょう。

モバイルWi-Fiルーター各社の料金例(2012/1/11現在)

UQ WiMAX

通常契約すると月額3,880円(UQ Flatの場合)かかるWiMAXですが、価格.com経由で契約するとキャッシュバックがあるため、2年利用で月あたり最安2,948円で運用できるプランがあります。

WiMAX(ワイマックス)モバイルWi-Fiルータープラン徹底比較 | プロバイダ(光ファイバー・ADSL)比較 – 価格.com

これなら前述の2段階定額の上限額-下限額の範囲に収まっているので、通信料を安くできますね。

イーモバイル

こちらも通常契約だと月額3,880円(データプラン)かかりますが、価格.com経由でだとキャッシュバックがあるので2年利用で月あたり換算で2,750円のプランがあるようです。

東京 WiMAX/3Gデータ通信 2年間/イー・モバイル | プロバイダ比較(光ファイバー・ADSL) – 価格.com

私は月々3,580円でイーモバイル使っていましたが、今は3,000円を切る価格で運用できるプランがあるんですね。。。

ソフトバンク

こちらも、通常契約すれば月々3,880円。横並びですねえ…。

但し、以下の記事にある通り、本体を一括で安く購入することでトータルで支払う金額(=月あたりに支払う金額)も安くすることができます。

近所のヤ◯ダ電機で(私が行ったときは)やっていた一括9,800円なら月あたり約2,900円、一括0円の店を見つけることができれば月2,480円で運用可能!

b-mobile + イオンSIM

回線速度を求めない人なら、イオンの提供している最安で月額980円(100kbps)のSIMがあります。

このSIMカードを、Wi-Fiルーターとして使える機種に挿せばOK。(のはず)



私が知る限りではこんなところですが、他にもあるかもしれませんね。

ドコモやauもモバイルルーター(or テザリングできる機種)をリリースしていたはずですが、料金的にある程度高かった覚えがあるので今回は除外しました。
(安く運用できる方法があれば教えてください)

モバイルルーター運用のメリット、デメリット

★メリット

・料金節約
 →今まで散々書いた通り、トータルの通信料を節約することができます。

・高速通信
 →機種やプランにもよりますが、平均的にいって通常の3G通信よりも高速に通信することが可能。

・iPadやノートパソコンなどもつなげる
 →モバイルWi-Fiルーターには、スマートフォンだけでなくノートパソコン等も接続することができます。人によってはこれが最も大きいメリットかも。


★デメリット

・常に2台持ちを強いられ、充電にも気を配る必要あり
 →スマートフォンとモバイルルーターの2台を常に持ち歩く必要があります。充電も両方確保しなければいけないので、若干面倒。

・MMSができない
 →こちらの記事で書いている通り、SMSができてもMMSができません。(SoftBankのiPhoneの場合。他はちょっとわかりません…)
  また、3Gオフで受信できないメールが溜まりすぎるとこんな症状になる場合もありますので、注意が必要。

・一部キャリア専用コンテンツが取得できない場合あり
 →3G通信を必要とするキャリア専用コンテンツの一部が取得できない場合があります。これはキャリアや機種によって違うので一概には言えません。気になる人は携帯ショップなどで聞いてみてください。


また、ルーターやスマートフォンの設定、つながらないときのちょっとした対応が必要なことを考えると、(さほど深い知識はいらないにせよ)ITに全く疎い人にはちょっとオススメしにくいですね。

あとがき

人によっては月々かなりの料金を節約でき、さらに他のデバイスを接続できたり、回線速度が速くなるといったメリットまで享受できる可能性があります。

逆に、Wi-Fiとかなんとかよくわからない、普通に携帯使えれば月々数百円くらいどうでもいいや…という人は、今まで通り使った方がいいと思います。

自分の使い方に合わせて考えてみてください!

VOYAGE WiMAX 

このエントリーをはてなブックマークに追加

▼ フォローして更新情報をチェック! ▼

管理人

ブログ更新情報
管理人

ブログ更新情報
4295 follow us in feedly