捨てられない年賀状は、スキャンしたり写真を撮ってポイしてしまおう!

happy new year 2012
happy new year 2012 / Kyuni786

お正月の恒例行事の一つ、年賀状。

たくさん届くと嬉しいものですが、せっかく書いてくれた年賀状は捨てるに捨てられず、毎年毎年貯まっていく一方。
INばかりでOUTが無いのですから当然ですね…。

かといって、じゃあ去年の年賀状を読み返すのか?といえば、そんな人はごく少数でしょう。
つまり、「一応とっておく」ことができればいいわけです。

そんなときは、スキャナーやiPhoneなどのカメラを使い、年賀状をデータ化して捨ててしまいましょう!


スキャンしてデータ化する

紙のデータ化といえば、スキャナーを使うのが一般的でしょう。
私の場合は、自炊(本の電子化)にも使っているScansnap S1500を使います。

裏面だけデータ化するなら普通にスキャンすれば良いですが、宛名などが書かれた表面も含めてデータ化したい場合は、以下の記事で紹介している「2ページずつPDF化」を使うと便利。

そのままパソコン内に保存でも良いですし、たまに取り出したり眺めたりしたい人は、上記記事の名刺と同じようにEvernoteに放りこんでおくのも手。

そうすれば画像の文字認識もしてくれるので、検索にも引っかかってくれます。

これで心置きなく年賀状を捨てることができそうです。

写真を撮ってデータ化する

スキャナーなんて持ってない…という人は、写真を撮ってデータ化してしまいましょう。

普通に写真を撮ってもいいですが、ある程度きれいに残したい人はiPhoneのスキャナーアプリを使うと便利。

はがきの枠を認識して、まるでスキャンしたかのような画像に補正してくれます。

代表的なスキャナーアプリは、以下の3つ。

JotNot Scanner 3.2.4(¥170)

カテゴリ: ビジネス, 仕事効率化
現在の価格: ¥170(サイズ: 13 MB)
販売元: MobiTech 3000 LLC – MobiTech 3000 LLC
リリース日: 2009/03/27
App

ss1 ss2

CamScanner+ 1.4.0.3(¥450)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: ¥450(サイズ: 18.6 MB)
販売元: IntSig Information Co.,Ltd – IntSig Information Co.,Ltd
リリース日: 2010/08/27
App

ss1 ss2

DocScanner 5.0.5(¥450)

カテゴリ: 仕事効率化, ビジネス
現在の価格: ¥450(サイズ: 8.8 MB)
販売元: Norfello Oy – Norfello Oy
リリース日: 2009/04/18
App

ss1 ss2

スキャナーアプリを比較しているブログがあったので、参考にどうぞ。

この方法の場合、表裏を1つのデータにするにはEvernoteの「ノートのマージ」機能を使います。

1手間余計にかかるのと撮影が結構面倒なので、大量のはがきのデータ化には向きませんが、ある程度の枚数であればこれで十分かもしれません。

あとがき

年賀状だけでなく、暑中見舞いやその他捨てにくいはがき・手紙類は、すべてスキャンして捨ててしまえばスッキリです!

もちろん捨てるのは抵抗があると思いますが、引き出しの奥でただ場所を取り続けるくらいなら、スキャンしていつでも見られるようデータにして捨ててしまう方がよっぽど良いと思います。

但し、今年の年賀状はお年玉くじの当選発表までは一応とっておきましょうね。

本の自炊方法まとめ。裁断、スキャンからタブレット・Kindleでの読書まで徹底解説!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら