iPadケース「TUNEFOLIO」角度を無段階で調節でき、デザイン・機能性もグッド!

ipad_performer_doyyle_7

今までiPad2には純正のSmart Cover(グリーン)使っていた私。
ですが、裏側は保護できなかったり、めくるのが面倒だったりと若干不満なところがありました。

そんなとき、iPad芸人iPadを使いこなしている@doyyle 先輩が使っているケースが良さそうだったので、早速購入。

今回はそのiPadケース「TUNEFOLIO URBAN」を紹介。


@doyyle さんが使っている様子はこちら。
オレンジ色のケースでiPadをいい感じの角度に調整し、動画を楽しんでいます。

deep_akihabara_2

私が買ったのは同じシリーズのネイビー/ブラウンのもの。
肩掛けもできるタイプです。

こんなパッケージ。簡単な説明が書いてあります。

ipad_performer_doyyle_1

中に入っているのは、ケースと肩掛けストラップのみとシンプル。
表側にはガジェット類を入れられるポケットがあります。黒い帯はゴムバンドで、しっかり留められるようになっています。

ipad_performer_doyyle_2

こちらは裏側。写真では見にくいですが、ケースを付けたままでもカメラが使えるように左上に小さい穴が開いています。

ipad_performer_doyyle_3

ケースを開けてみたところ。
フィルムと画面拭き取り用のクロス、Dockカバー等もついてます。

ipad_performer_doyyle_4

さっそくiPad2を入れてみました!白のiPadにネイビーの色がなかなか似合いますねー。

ipad_performer_doyyle_5

立ててみたところ。動画を見たり、本を読んだりするときに便利。

ipad_performer_doyyle_6

横から見るとこうなっています。角度を固定する部分がベルクロになっているため、好きな角度で留められるという仕組み。

ipad_performer_doyyle_7

iPadの角度を無段階で調節可能なので、こんな角度にも…

ipad_performer_doyyle_9

こんな角度にも調節可能。寝転がって見るときなどにも便利です。

ipad_performer_doyyle_10

SmartCoverだとこの角度にしか固定できないため、シチュエーションによっては見づらかったりするんですよね。

ipad_performer_doyyle_8

ポケットにiPhoneやスマートペンなどを入れてみました。
ちょっとポケットが膨らみますが、バッチリ収納できます。

ipad_performer_doyyle_11

裏側。

ipad_performer_doyyle_12

肩掛けストラップをつけてみたところ。iPadを持ってちょっと出かけるくらいなら、これでも行けますね。

ipad_performer_doyyle_13

このケースのもう一つの特長が、ケースをつけたままでも充電や音量調節などができること。

この通り、コネクタの接続部分が見えるようになっています。

ipad_performer_doyyle_14

イヤフォンジャックも。

ipad_performer_doyyle_15

ミュートのスイッチ、音量調整ボタンも。ケースをつけたままで操作できます。

ipad_performer_doyyle_16


デザインも機能も充実、なかなか良い買い物でした。
これからこのケースでiPad2をガンガン持ち出していこうと思います!

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら