iOS5で、iPadでもフリック入力が可能に!その設定方法は?

student ipad 004
student ipad 004 / flickingerbrad

iPadがiOS5にアップグレードされ、その機能の1つとしてiPadでもフリックができるようになりました!
先日その設定をしたのですが、ちょっとつまづいた部分があったので記事にしておこうと思います。

今からiOSのアップグレードやフリックの設定をする方は、覚えておくとスムーズですよ!


まずは、キーボードの追加設定から

フリックをできるようにするためには、まずフリック用キーボードの追加が必要です。

設定から、「各国のキーボード」を選択。

ios5_ipad_flick_1

新しいキーボードを追加。

ios5_ipad_flick_2

日本語(テンキー)を選択。

ios5_ipad_flick_3

いわゆる「携帯打ち(「あ」を2回打つと「い」になるあの打ち方)」をしない方は、ついでにソフトウェアキーボード配列を「フリックのみ」にしておきましょう。

これで、「あ」を2回打ってもちゃんと「ああ」と入力されます。フリック入力する人には地味だけど超ありがたい設定。

ios5_ipad_flick_4

これで、フリック入力できる。そう思っていた時期もありました。
ところが。。。

ios5_ipad_flick_5

謎のひらがな配列のキーボードしか出てこない。
フリックはどこでできるのか…。

「キーボードを分割」すると「フリック」ができる

しばらく途方に暮れていたのですが、ここで誰かが「iOS5で、キーボードの分割ができる」って言ってた気がするなと思い立つ。

その機能も一応確認しておくか…ということで、右下のキーボード型のボタンを長押しして「分割」を選択。

ios5_ipad_flick_6

すると。。。あれ、これフリックのやつですやん!

ios5_ipad_flick_7

ばっちりフリック入力できてます。何かわからんがうまくいって良かった。

ios5_ipad_flick_8

ありのまま今起こったことを話すぜ。「キーボードを分割しようと思ったら、いつの間にかフリック入力できていた」

本当に何を言ってるのかわかりませんね…。

あとがき

そんなん普通気付かんわ!とは思うものの、やはりフリック入力は便利。

iPhoneでフリックに慣れた人であれば、今までのソフトウェアキーボードの何倍もの早さで入力できることでしょう。

iPad持ちのフリック使いは、ぜひ設定して試してみてください!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。
⇒ まずはじめに読んでほしい「役立つ」「得する」「面白い」記事はこちら