TwitterからEvernoteに、『ツイートだけでなくメンションも含め、会話をまるごと』自動保存する方法5つ

Twitter_to_Evernote

Twitter(ツイッター)のログをずっと取っておけたらなあ…という人は多いと思います。

Twitter上でのつぶやきは、その人にとって日記のようなもの。

どこに行って、何をして、何を思ったか。どんなサイトに興味を持ったか。他の人とどんな会話をしたか。
全部Twitterのログに詰まっています。

自分のツイート(Twitter上でのつぶやき)だけであれば、「twtr2src」で全て記録することが可能。
1日分の自分のツイートをまとめて、Evernoteに送ってくれます。
本当に素晴らしいサービスです!

ただし、自分のツイートを保存するだけでは、「他の人との会話」のうち、他の人の発言を記録することができません。

ツイッターで生まれた楽しい会話を完全な形で残したい。
他の人が飛ばしてくれた嬉しいメンション(自分への@つきツイート)を取っておきたい。

今回は、それを実現する方法を5つご紹介します!


TwitterのログをEvernoteに送るメリット

紹介の前に、「なぜ、TwitterのログをEvernoteに送るのか?」を考えてみます。

もちろん、前に述べたように日記的な意味もあるでしょう。
それに加えもう一つ重要な意味があります。

Evernoteにログを残す=データベース化する」ということ。

Evernoteに記憶したツイートは、全文検索することができます。

自分の昔の発言や、興味を持ったのに忘れてしまったこと、昔行った場所などを、
日時やキーワードで簡単に検索することができます。

Evernoteは「自分専用のデータベース」なので、目当てのツイートを探し出すのは、
広大なネット上とは比較にならないほど簡単。

だだっ広い海の中から探すより、自分専用の小さな水槽から探す方が楽ですよね?

Evernoteにツイッターを含めたあらゆるログを溜めるのは、それが一番の理由だと思っています。

自分宛てメンションも含めたツイートを取得する方法

自分のアカウント名から@を除いたキーワード(@ushigyu ならushigyu)でTwitter検索することで、自分のツイート+自分宛てメンションを含めたツイートを取得できます。

試しにやってみましょう。

    Twitter Search(← @を除いた自分のアカウント名で検索してみてください)

ほら、バッチリでしょう?

なお、この方法は、以下の記事を参考にしました。

Twitterのつぶやき、自分へのReplyも含めてとっておきたい « こてつは内臓ではない!


これから紹介する5つの方法は、このキーワード検索結果をEvernoteに送る方法に他なりません。

ちなみに、私のようにアカウント名=ブログアカウントの場合は、自分のブログに対する言及までまとめて取ってこれますよ!

————————————————

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題。
Twitter→Evernoteに、自分宛てMentionを含めたツイートを自動保存する5つの方法を紹介します!
後に行くほどオススメ度が高いです。

1. Googleアラート

Googleアラートは、特定のキーワードに引っかかった検索結果を、一定間隔でメールしてくれるサービスです。
このキーワードに「自分のアカウント名」を入れて、メールの宛先をEvernoteにしてしまおうという寸法。

検索キーワードに@を除いた自分のアカウント名を入力。
タイプ:リアルタイム、頻度:1日1回、検索結果のボリューム:すべての結果、配信先にEvernoteのアドレスを入力し、アラートを作成します。

Google_alert

以上の設定をしてみたものの、うまく検索結果がヒットしない。。。

ごく一部のツイートしか拾ってくれないのです。

ちょっとわかりにくいですが、以下のような感じ。

evernote_Google_alert

もちろん、この間何十ツイートとしているはずなのですが…。

Googleのクローラーがたまたま回ったツイートだけを取ってきているんでしょうか??謎。

アイコンも含めて取得できるのは素晴らしいので、あとはツイートがうまくヒットすれば最高なのですが…

誰か良い方法知ってたら教えてほしいです(><) というわけで、現時点(2011/5/18)ではそもそも正しく結果が取得できないため、論外。

2. ツイートメール

「ツイートメール」は、1日のつぶやきをまとめてメールで送ってくれるサービス。
これはこのトピックにぴったりのサービスじゃないですか!

    ツイートメール|気になるつぶやきが1日分まとまってメールで届く「ツイートメール」

さっそくキーワードとEvernoteアドレスを登録し、届いたメールを見てみると…

evernote_tweet_mail1


あれ?


evernote_tweet_mail2

おお、ここからか。

どうやらメルマガのように、ヘッダーや広告などが入った状態で配信される模様。
なお、ツイートはきっちり取得できているようです。

余計な情報をできるだけ削りたいので、結果が正しく取得できるとはいえ個人的にはイマイチ。

とりあえず目当てのツイートが取得できれば広告もヘッダーも気にならない、という人にはいいかもしれません。

3. Twitter Search + Dairy Feed + Blogtrotter(Mailpia)

お次は、Twitter Searchの検索結果RSSをメールでEvernoteに送る方法。

ここでは、Twitter Searchの他、DailyFeed(1日分のRSSをまとめる)、Blogtrotter(RSSをメールで送る)を使ってみます。

Twitter Searchのキーワード検索結果から、RSSを取得してDairy Feedに登録。
さらにそのRSSをBlogtrotterに登録し、メール宛先をEvernoteのアドレスにします。

この組み合わせでEvernoteに送ってみると、以下のような感じに。

evernote_blogtrotter

結果は取れているようなのですが、なんと発言元(誰が発言したか)がわからないという…^^;

Blogtrotterの代わりにMailpiaを使った結果は以下。

evernote_mailpia

とりあえず結果取得はできている模様。

ただこのMailpia、私が試し始めたGWはメンテナンスで休止中、いくら設定してもメールが届かない。。。
日々ログを残したい身としては、メンテで予告なく止まってしまうようなサービスは正直信用できません。

というわけで、ログとしては若干不完全な結果に。
(組み合わせによっては、うまくいくものもあるかもしれませんが…)

4. 1-Day Twitter View

★ここからグッとおすすめ度が上がります!★

1-Day Twitter Viewは、Twitterでつぶやいた一日分のツイートを表示するサービス。
その結果を、メンションも含めてメールで送ることができます!

個人の方(@maneater_rhythm さん)が最近作ったサービスのようですが、シンプルで過不足ない機能を備えていて素晴らしい!

送り先にEvernoteのアドレスを指定し、送られてきた結果はこんな感じ。

evernote_twitterview

余計な情報がなくシンプル。
ハンドルネームと名前が並んで表示されるのが個人的には若干うっとうしいですが、なかなかいい感じです!

5. Tweety Mail

TweetyMailは、メールでTwitterに投稿できたり、逆にTwitter上の情報をメールで配信できる海外のサービスです。
個人的には一番のオススメ!

ユーザー登録してEvernoteのメールアドレスを設定したら、Alertsタブからキーワード設定しましょう。

Search Queryの欄に@抜きのアカウント名、Tweet Thresholdには「◯ツイート以上貯まったらメール配信」となる値を入力します。
1〜50が入力できるので、ここでは50を入力しておきます。

evernote_tweety_mail

そしてEvernoteに送られてきた結果がこちら。

evernote_tweetymail2

おおっ、いい感じ!
やはりアイコン付きだと会話がすごく見やすいですね。

ただし、アイコン付きな分容量はちょっと大きめ。
(前述の1-Day Twitter Viewが1日分約90ツイートで40KB程度に対し、TweetyMailは50ツイートで200KBほど)

1日分をまとめて送れない、容量が大きいといった難点はあるものの、アイコン付きで会話が見られるのはイメージしやすくてとても良いです。

最終的に、私はこのTweetMailでログを残すことに決めました!

特定キーワードのTweet保存、他の人のTLウォッチにも使える

今回は「自分へのメンションを含めたツイート保存」という観点で紹介しましたが、キーワードを変えれば会社名、自分の名前などに関するつぶやきもEvernoteに自動的に蓄積可能。

他の人のアカウント名を入れれば、その人に関するツイートだってEvernoteに。
…でもストーキングはダメ、ゼッタイ。

尊敬する有名人や、ファンの芸能人アカウントなんかを設定するといいかもですね!

iPhoneアプリ・SOICHA & TweetMeのEvernoteクリップもいい感じ

iPhoneアプリのSOICHAとTweetMeでも、実はTwitterのつぶやきを簡単にEvernoteクリップすることができます。

SOICHA/j for Twitter 1.0.2App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料
更新: 2011/05/02

TweetMe 0.9.17App
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 価格: 無料
更新: 2011/02/02

方法は簡単。クリップしたいつぶやきや会話を表示した状態で、Evernoteの象さんボタンを押すだけ。

evernote_soicha

Evernoteに送った結果はこちら。こちらもアイコン付きでいい感じ!

evernote_soicha3

手動にはなりますが、特定のつぶやきや会話だけ残したい人にはこの方法もありです!

あとがき

以上、TwitterからMentionも含めてEvernoteに保存する方法を紹介しました。

自分用のデータベースとして活用するのはもちろん、ただ残しておくだけでも5年後、10年後に見たとききっと思い出がよみがえってきて楽しいですよ!

これを機にTwitter×Evernoteでライフログ、始めてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、Evernoteに関しては以下の2ブログが特に詳しいです!
有名ブログなので知っている人も多いとは思いますが、ご紹介まで。

    goryugo, addicted to Evernote
    →Evernoteゆるふわ系ブログ
     (やり方なんて人それぞれ。「Evernoteでライフログ」をなるべくメンドクサクない方法で追求するブログ)

    OZPAの表4 «
    →Evernote漫談系ブログ
     (鯔背(いなせ)で乙なエバーノート◯ン。「Evernoteでライフログ」を時折笑いを交えながら詳しく解説するブログ)

この記事をシェアする!

ABOUTこの記事をかいた人

牛嶋 将太郎@ushigyu

牛嶋 将太郎@ushigyu

株式会社エコーズ代表取締役社長(と名乗ってみたくて会社をつくりました)。当ブログにておすすめの製品やお店、旅行先、ガジェットなどを気のむくままに、わかりやすさを心がけて紹介しています。 長崎出身で福岡市在住。東京で就職しましたが独立を機に学生時代を過ごした大好きな福岡に帰還。